JVCケンウッド、リアルな重低音を再生するイヤホン「HA‐FXZ200/FXZ100」

2012.10.18 20:16配信
「HA-FXZ200」(左)と「FXZ100」

JVCケンウッドは、JVCブランドから、リアルな重低音再生にすぐれた密閉型インナーイヤーヘッドホン「HA-FXZ200/FXZ100」を11月下旬に発売すると発表した。

「HA-FXZ200/FXZ100」は、重低音再生にすぐれたスピーカーのケルトン方式を応用した重低音用ユニット「ストリームウーハー」と、中高音用ユニット「ツインシステムユニット」を組み合せた新構造「ライブビートシステム」を採用。パワフルで深みのあるリアルな重低音と、解像度の高い中高音の再生を両立する。

「ストリームウーハー」は、低音域の再生特性にすぐれたカーボン振動板を採用したウーハーユニットからの音をストリームダクト内に通過させることで、低域成分を抽出。重厚でリアルな重低音サウンドを再生する。

「ツインシステムユニット」は、二つのドライバを並列に配置して一体化。応答性を高めたカーボンナノチューブ振動板とカーボン振動板を採用し、伸びやかな中高音を再生する。

上位モデルの「HA-FXZ200」は、比重の大きい金属素材である真ちゅうを採用した「ブラスユニットベース」を搭載。不要な振動を抑え、高品位でキレのある重低音を実現した。さらに、コードの芯線を純銀でコーティングした銀コートOFC線で伝送ロスを抑え、全帯域で解像度の高い音を実現した。

実勢価格は、「HA-FXZ200」が2万5000円前後、「HA-FXZ100」が1万8000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング