ASUS、Windows 8やWindows RT搭載PC、11.6インチタブレット「ASUS VivoTab TF810C」など8機種

2012.10.22 16:29配信
ASUS VivoTab TF810C

ASUSTeK Computer(ASUS)は、Windows 8搭載のタブレット端末「ASUS VivoTab TF810C」やWindows RT搭載のタブレット端末「ASUS VivoTab RT TF600T」、Windows 8搭載のモバイルノートPC「ASUS VivoBook X202E」など、タブレット端末やノートPCの冬モデル8機種を、10月26日から順次発売する。

「ASUS VivoTab TF810C」は、CPUにインテルAtom Z2760を採用。11.6インチワイドのマルチタッチ対応液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、2GBのメモリ、64GBのeMMC(embedded MultiMediaCard)を搭載する。OSはWindows 8 32ビット。

ワコムのデジタイザーテクノロジーを実装し、1024段階の筆圧を感知する「EMRペン」が付属する。別売のモバイルキーボードドック(KBDOCK-TF810)を接続すれば、フルサイズキーボードのノートPCとしても使うことができる。また、NFC(近距離無線通信)やオーディオシステム「ASUS Sonic Master」などを備える。

ディスプレイには、キズがつきにくいCorning社の「Fit Glass」を採用。バッテリ駆動時間は約10.5時間。サイズは幅294.2×高さ8.7×奥行き188.8mmで、重さは約675g。11月下旬以降の発売で、価格は7万9800円。

「ASUS VivoTab RT TF600T」は、CPUにNVIDIA Tegra 3を採用。タッチスクリーン対応の10.1インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、2GBのメモリ、32GBのeMMCを搭載する。OSはWindows RT。

「Microsoft Office 2013 RT Preview」を搭載し、Word、Excel、PowerPointなど最新のOfficeアプリケーションを、ほぼ制限なく利用できる。また、別売のモバイルキーボードドック(KBDOCK-TF600)を接続すれば、ノートPCとしても使うことができる。

このほか、「Fit Glass」やNFC、「ASUS Sonic Master」を備え、手書きから動画、音声まで、多彩な入力方法が使用できる多機能ノートアプリ「Super Note」など、多彩なモバイル機能を搭載する。

バッテリ駆動時間は約9時間。サイズは幅262.5×高さ8.3×奥行き170.9mmで、重さは約525g。11月上旬以降の発売で、価格は5万9800円。

「ASUS VivoBook X202E」は、CPUにインテルCore i3-3217Uを採用する「Core i3モデル」と、Pentium 987を採用する「Pentiumモデル」を用意する。10点マルチタッチに対応した11.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDDを搭載し、インターフェースはUSB3.0×1基、USB2.0×2基、SDXC対応メモリカードリーダー、HDMI×1基、D-sub15ピン×1基を備える。OSはWindows 8 64ビット。

スリープから約2秒で高速復帰する「Instant On」機能や「ASUS Sonic Master」を備え、Office互換のビジネス統合ソフト「KINGSOFT Office 2012 Standard」が付属する。

バッテリ駆動時間は、「Core i3モデル」が約5.2時間、「Pentiumモデル」が約5.1時間。サイズは幅303×高さ8.5~21.7×奥行き200mmで、重さは約1.3kg。カラーは、スチールグレー、シャンパンゴールドの2色。10月26日の発売で、価格は「Core i3モデル」が5万4800円、「Pentiumモデル」が4万9800円。

このほか、すでに発売済みの11.6インチワイド液晶搭載の「ASUS ZENBOOK Prime UX21A」、13.3インチワイド液晶搭載の「ASUS ZENBOOK UX32VD」、15.6インチワイド液晶とDVDドライブ搭載の「S56CM」、15.6インチワイド液晶の「K55VD」、17.3インチワイド液晶の「X75VD」のノートPC5機種に、Windows 8を搭載してリニューアルする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング