東芝ホームアプライアンス、ルートを覚えて2回掃除するスマートロボットクリーナー「VC-RB6000」

2012.10.23 18:35配信
VC-RB6000

東芝ホームアプライアンスは、家庭用自走式クリーナー「Smarbo(スマーボ)」の新製品として、ルートを覚えて2回掃除する「VC-RB6000」を11月1日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

二つのCPUとカメラ機能、38個のセンシング機能を搭載した独自のナビゲーションテクノロジーで、掃除したルートを記憶。掃除した場所を記憶しながら、部屋中を縦横各1回、計2回くまなく掃除する。掃除終了後は、自動で充電器に戻る。また、センシング機能で、運転中の壁への衝突、階段・段差からの落下などを防止する。

このほか、9月発売の「VC-RB8000」に搭載した「4段階お掃除システム」を採用。「ダブルサイドブラシ」でゴミをかき集め、「パワーブラシ」と「強力モーター」でゴミをかき上げて、付属の「モップ(マイクロファイバークロス)」で床を拭き掃除できる。

便利な機能として、約52dBの運転音設定(ターボオフ時)、設定した時刻に自動で運転する「タイマー/デイリー」、動作内容を知らせる「音声ガイド」を搭載する。ゴミは、ダストボックスを取り外して捨てるほか、家庭用クリーナーを使って吸い出すことも可能。

サイズは、長さ355×幅355×高さ93mmで、重さは3.7kg。カラーは、グレーメタリック。バッテリは充電式水素電池。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング