キングジム、iPad専用ファイル管理アプリ「Bridge Reader」、iPad内のJPEGデータを結合してPDF化

2012.10.24 15:19配信
Bridge Reader

キングジムは、10月23日、iPadに取り込んだデータを一括管理するiPad専用ファイル管理アプリ「Bridge Reader」をApp Storeで発売した。価格は350円で、2013年1月末までは無料で配信する。また、紙の書類をデジタル化する「ショットドックス」の新ラインアップとして、「ショットドックス 名刺ホルダー台紙」を11月26日に発売する。価格は420円。

「Bridge Reader」は、ドキュメント、画像、音楽、映像などさまざまな拡張子のデータの一括管理・閲覧に対応。タップやダブルタップ、ドラッグの基本操作だけで、データの移動やフォルダ作成ができる。

「iスキャミル」でスキャンしたJPEGデータを結合・PDF化でき、PDFデータと画像データ(JPEG、PNG、BMP、GIF)の結合にも対応している。PDF専用リーダー「Fast PDF Kit」を搭載し、より快適にPDFを閲覧できる。また、Dropboxとの連携機能を備え、スムーズなデータ保存やインポートができる。

対応拡張子は、doc/docx/xls/xlsx/ppt/pptx/pdf/txt/jpg/png/bmp/gif/mp4/mov/mp3。対応機種は、新iPad(2012)/iPad 2/iPad。対応OSは、iOS 5.1以上。

「ショットドックス 名刺ホルダー台紙」は、ファイルに収納した書類をスマートフォンと専用アプリで簡単にデジタル化するファイルシリーズ「ショットドックス」の新ラインアップ。「Bridge Reader」や「iスキャミル」と連携することで、台紙に収納した名刺を1枚ずつ分割して読み取ることができる。

1パック10枚入りで、1枚あたり20ポケットを備える。大きさはA4縦で、穴数は30穴。サイズは幅214×高さ300mm。

・「Bridge Reader」のダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング