アントニオ猪木“宣伝大統領”、多忙な公務にタジタジ!?

2012.10.25 15:21配信
“人類解放ビンタ”をするアントニオ猪木

第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーンの知られざる顔を描くファンタジー・アクション『リンカーン/秘密の書』の“宣伝大統領”にアントニオ猪木が就任し、公開記念イベントが行なわれた。

その他の写真

白煙とともにステージに現れたアントニオ猪木は、リンカーンさながらのフロックコートにシルクハット、そして手には劇中で重要な役割を果たす斧を持った姿で登場。開口一番、「元気ですかー!」と客席に呼びかけた。就任のあいさつでは、「リンカーンと言えば奴隷解放宣言。私も、この現代でいろいろなものにとらわれてしまっている人をみんな開放していきたい」と力強くコメント。「腕っ節が強くなければいけなかった時代、実際のリンカーンは体力や気力も相当すごかったはず。本当に尊敬します。現代に生きていたらレスラーにしたい」と冗談を交えて語った。

また、日本語吹替版でリンカーン夫人・メアリー役の声優を務めた相武紗季もサポートとして登場。19世紀風のゴージャスなドレスに身を包み、アントニオ猪木“宣伝大統領”の初公務に立ち会った。まず行われたのが日本に現存する実物の「奴隷解放宣言」のお披露目。貴重な歴史的文書を前に猪木は「歴史の重みを感じる」と感慨深げな表情。一方の相武も「150年前のものと思うと興奮する」と実物を前に感動した様子だった。さらには、猪木の「若者たちの悩みを“宣伝大統領”として一気に解放したい」という思いのもと、一般客から希望者を募集、“人類解放ビンタ”としておなじみの闘魂注入も行われた。

イベントを終えた猪木は「斧を使った迫力のアクションが見どころの映画。それにしても大統領は大変! この汗を見てください!」とハードな公務にタジタジの様子。相武は「二面性のあるミステリアスさに惹かれた。秘密を持ち、悩み葛藤しながら信念を貫く姿がかっこいい。猪木さんとは、強さの中に優しさがあるところも似ていますね」とにこやかに語っていた。

本作は製作にティム・バートン氏、監督に『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフ氏を迎えて贈るアクション・エンターテインメント。昼は大統領、夜はヴァンパイアハンターとして戦うリンカーンの活躍を描く。

『リンカーン/秘密の書』
11 月1日(木)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング