ソフトバンクモバイル、モトローラ製スマートフォン「RAZR M 201M」を10月26日に発売

2012.10.25 17:37配信
RAZR M 201M

ソフトバンクモバイルは、4.3インチディスプレイを搭載したスリム・コンパクトな「SoftBank 4G」対応モトローラ製スマートフォン「RAZR(レーザー) M SoftBank 201M」を、10月26日に発売する。

ソフトバンクモバイルとして初めて発売するモトローラ製の4.3インチスマートフォン。狭額縁設計で、手のひらに収まるコンパクトサイズを実現した。

OSはAndroid 4.0で、1.5GHzのデュアルコアCPU「MSM8960」を搭載。動画のストリーミング視聴や情報量の多いウェブサイトの閲覧、複数のアプリケーションの同時実行など、さまざまな動作が快適に操作できる。下り最大76Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」、Bluetooth Ver.4.0、おサイフケータイ、緊急速報メールなどに対応。テザリングには、12月15日以降に対応する。OSは、後日Android 4.1にアップデートする予定。

利用者のライフスタイルに合わせて、各種設定を自動で最適な状態にする「スマートアクション」を搭載。通勤時刻や移動場所などに合わせて、自動的にバッテリ使用量やマナーモードなどの設定を変更することができる。また、数日間利用することで行動パターンなどを学習し、最適な設定を提案するなど、より利用者のライフスタイルに合った設定を選ぶことができる。

サイズは、幅約61.0×高さ123.0×厚さ8.3~10.9mmで、重さは約128g。カラーは、ブラックとホワイト。オートフォーカス(AF)や手ブレ補正機能をもつ800万画素CMOSカメラを搭載する。画面には、強固で傷つきにくい「Gorilla glass 2」を採用。ブラックカラーの本体背面には、軽量ながら同質量の鋼鉄の5倍の強度をもつ米デュポンのケブラーファイバーを使用した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング