ロジクール、Windows 8のタッチインターフェースに対応するキーボードとマウス、タッチパッド

2012.10.26 12:6配信
K400r

ロジクールは、Windows 8のタッチインターフェースに対応する機能を備えたキーボード「ロジクール ワイヤレス タッチキーボード k400r」を11月2日に、ワイヤレスマウス「ロジクール ゾーンタッチマウス t400」と「ロジクール タッチマウス t620」、タッチパッド「ロジクール ワイヤレス 充電式 タッチパッド t650」を11月9日に発売する。

「K400r」は、3.5インチの大型タッチパッドを搭載し、Windows8/RTのマルチタッチ操作に対応するワイヤレスキーボード。本体右側のタッチパッドで、カーソルのポインティング、水平・垂直スクロール、エッジ操作、ピンチイン/アウトができる。

デスクトップの表示、検索、アプリケーションの切替え、音楽メディアのコントロール、PCのロック/スリープなどが、ワンタッチで操作できる便利なショートカットキーを搭載。1台のデバイスで多様な操作ができる。PCをテレビにつないでお気に入りのビデオやウェブサイト、ブログ、チャットなどをソファでリラックスしながら楽しむこともできる。

84キー日本語レイアウトで、キーピッチは18.5mm、キーストロークは2.5mm。サイズは、幅354.0×奥行き135.0×高さ23.8mmで、重さは400g。単三形乾電池2本で最大12か月間使用できる。Windows 7/Vista/XPにも対応する。カラーは、ブラック。価格はオープンで、直販サイト「ロジクールオンラインストア」での価格は4980円。

「T400」は、本体の表面にガラス製のタッチゾーンを配置したWindows 8/RT/7対応のワイヤレスマウス。従来型のマウスと同じボタン操作を残しながら、タッチ操作にも対応した。タッチゾーンでは、水平・垂直スクロールのほかに、Windows 8スタート画面を呼び出すことができる。

センサはレーザーグレードトラッキング方式で、解像度は1000dpi。側面にはラバーグリップ加工を施し、しっかりと手になじむので、長時間快適に操作できる。サイズは横61.0×奥行き104.9×高さ30.5mmで、重さは110g。単三形乾電池2本で最大18か間使用できる。カラーは、ブラック、グレー、レッドの3色。価格は4980円。

「T620」は、Windows 8/7対応のワイヤレスマウス。「2012 CES イノベーション アワード」を受賞した「M600」と同じく、高級感のあるデザインを採用した。水平・垂直スクロールやページの進む/戻る、スタート画面の呼び出し、アプリケーションの切替えなど、ジェスチャで快適に操作することができる。また、ロジクールのホームページからソフトウェアをダウンロードして、ジェスチャをカスタマイズできる。

センサはレーザーグレードトラッキング方式で、解像度は1000dpi。サイズは、横64.3×奥行き111.3×高さ29.2mmで、重さは108g。単三形乾電池2本で最大6か間使用できる。カラーはプラチナとグラファイトの2色。価格は6980円。

「T650」は、タッチ面にガラスを採用することで、あらゆるジェスチャがスムーズにできるワイヤレスタッチパッド。ポインティング、クリック、スクロールといった基本操作に加え、アプリケーションの切替え、エッジジェスチャ、ピンチイン/アウト、スタート画面の呼び出しなどが直感的に操作できる。

1本指から4本指操作までのジェスチャをカスタマイズできる。バッテリはUSB経由の充電式で、充電しながらでも使用できる。フル充電で最大1か月使用でき、本体にはオン/オフスイッチとバッテリステータスインジケータを備える。対応OSは、Windows 8/7。サイズは、横134.0×奥行き129.0×高さ12.0mmで、重さは210g。カラーはダークグレー。価格は7980円。

全製品が、無線接続方式にアドバンス2.4GHzテクノロジーを採用。レシーバーは独自のUnifying対応で、対応機器を最大6台までワイヤレス接続できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング