日本マイクロソフト、「Windows 8」発売の前夜祭を秋葉原で開催

2012.10.26 13:9配信
ついに「Windows 8」が発売

日本マイクロソフトは、新OS「Windows 8」の発売を翌日に控えた10月25日、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で「Windows 8前夜祭」を開催した。

開会にあたって、日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、「時差の関係で、日本が世界で一番早く発売日の26日を迎える。このあと、0時に購入する方は、世界で一番早く『Windows 8』を手に入れる方ということになる。画期的なOSなので期待してほしい。これを搭載するデバイスが、PCメーカー13社から250機種以上出てくる。ユーザー、はいろいろなバリエーションから選ぶことができる。『Windows 8』の発売で、日本全体の活性化にも貢献したい」と挨拶した。

会場のタッチ&トライコーナーでは、PCメーカー各社が発表した「Windows 8」搭載デバイスを展示。製品に直接触れることができた。また、夕方からはゲストによるトークセッションや、アーティストによるライブなどを行った。

最初のトークセッションには、タレントのデーブ・スペクターさん、恋愛バラエティー番組『あいのり』元メンバーの桃さん、声優の古谷徹さんが登壇。「Windows 8」のタッチパネルを使った操作に興味津々だった。PCの自作が趣味の古谷さんは、「モニタを変えて、OSにWindows 8に入れ替えて使いたいですね」と、さっそく愛機をカスタマイズする予定のようだ。桃さんは「いま使っているノートPCが重たいので、めっちゃ欲しいです」と話した。

最後に、デーブさんが「世間では日本製品が売れないといわれているが、日本のPCは日本独自の機能やデザインなど、すごくいい。Windows 8の発売をきっかけに日本製PCのよさを改めて気づいてもらえれば」と話した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング