iPad mini、Kindle、大炎上…忙しい人のためのネットウォッチ一週間【10/21~10/27】

日常ではもちろん、ネット上でも日々さまざまなことが起こっています。今回は10月21日から27日までの一週間、ネットで何があったのか? ネットを騒がせた事件や出来事を独断でチョイスし、解説とともにまとめました。

仕事に勉学に忙しい毎日を送っている皆さん、こんにちは。

一般的なニュースはTVや新聞を見ていれば自然と入ってきますが、ネットの出来事はそうはいきませんよね。かといって「今週ネットで何があったのか」をいちいち調べるのも面倒くさい。

そんな人のために、本記事では今週ネットを騒がせた事件・出来事を独断でチョイスし、簡単に解説していこうと思います。
今回は、10月21日から27日までの一週間です。

1.iPad miniが発表。ネットの反応は……

http://www.apple.com/jp/ipad-mini/overview/より
拡大画像表示

今週ネットを一番賑わせた話題といえばやはりこれでしょう。待ちに待ったiPad miniが23日深夜、Appleのイベントにて発表されました。

画面サイズは7.9インチと、他社の7インチディスプレイよりは少し大きめ。画面比率は4:3と従来のiPadを踏襲しており、アプリはすべて同じように使えます。CPUやカメラなどハードの性能は最新のiPadよりは一世代控えめで、"小さいiPad"というよりも"大きなiPod touch"と呼んだ方がしっくりくる感じでしょうか。気になる価格は28,800円からに設定されました。

さて、このiPad miniに対するネットの反応はというと……実はあまり芳しいものではありませんでした。というのも、先日発表されたGoogleのタブレット「Nexus7」がiPad miniと同等以上のスペックを持ちながら19,800円からと非常に安価であること、そして後述するAmazonのKindleが発表され、やはり安価であったことから比較されてしまったのです。

こうしたネガティブな空気を感じ取ったのか、Appleの株価も一時急落するなど市場は敏感に反応。冷静に考えれば決して悪い製品ではないですし、実際に手にとってみればユーザーのリアクションもまた違ったものになるのかもしれませんが、現段階ではAppleにはやや厳しい向かい風が吹いているようです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング