キヤノンは、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS(ピクサス)」の新製品として、「プレミアムシリーズ」の「XK70」と「XK50」、多機能モデル「TS8130」「TS6130」「TS5130」「TS3130」の計6機種を9月22日に発売する。価格はいずれもオープン。

低ランニングコスト・高画質の新シリーズ「PIXUS XK」

写真をプリントする機会の多いユーザー向けに新たに展開するA4対応インクジェット複合機「PIXUS XK」シリーズの「XK70」「XK50」は、新色のフォトブルーを含む5色の染料インク(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、フォトブルー)とブラックの顔料インクの6色ハイブリッドインクを新たに採用し、赤領域の色域拡大によって光沢紙での発色を向上させた。

粒状感を低減した滑らかな高画質プリントに加え、別売の大容量インクタンクを使用すれば、L判1枚あたりインク・用紙を合わせて約12.5円(税別)という低ランニングコストも実現した。

本体は、コンパクトなスクエア形状にグレーメタリックを配した上質感のあるデザインで、タッチパネル方式の大型液晶とわかりやすいユーザーインターフェイスで快適に操作できる。

前面給紙カセットと背面給紙トレイの両方向から給紙できる「2WAY給紙」、無線LANを利用したワイヤレスプリントに対応。また、プリント枚数に応じてポイントがもらえる新サービス「PIXUSプリント枚ルサービス」や、プリントした写真をスマートフォンにかざすことでメッセージを表示可能な「Message in Print」アプリ(10月配信予定)など、多彩な機能に対応する。

キヤノンオンラインショップでの販売価格は、税別で5インチのタッチパネル対応カラー液晶を備え、無線LAN/有線LANに対応したプレミアムモデル「XK70」が4万4880円、4.3インチのタッチパネル対応カラー液晶を備え、有線LANには非対応の「XK50」が3万9880円。

「PIXUS TS」シリーズの「TS8130」「TS6130」「TS5130」「TS3130」も、コンパクトなスクエアデザインを採用し、それぞれカラーバリエーションを用意。「2WAY給紙」のほか、「PIXUS XKシリーズ」同様、「Message in Print」アプリ、「PIXUSプリント枚ルサービス」などに対応する。

「TS8130」は、5色の染料インク(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、グレー)と、ブラックの顔料インクの6色ハイブリッドインクを採用し、タッチパネル対応4.3インチカラー液晶を搭載する。カラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3色。

「TS6130」は、4色の染料インク(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)とブラックの顔料インクの5色ハイブリッドインクを採用し、タッチパネル対応3インチカラー液晶を搭載する。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。

「TS5130」と「TS3130」は、3色の染料インク(シアン、マゼンタ、イエロー)と、ブラックの顔料インクの4色ハイブリッドインクを採用し、「TS5130」は2.5インチのカラー液晶、「TS3130」は1.5インチのモノクロ液晶を搭載する。カラーは、ともにホワイト、ブラックの2色。

キヤノンオンラインショップでの価格は、税別で「TS8130」が3万880円、「TS6130」が2万2880円、「TS5130」が1万5880円、「TS3130」が9880円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます