マカフィー、次世代エンドポイントセキュリティ「McAfee Deep Defender」など4製品

2012.10.26 17:47配信

米マカフィーは、10月23日、セキュリティ管理の全体最適化を実現する「Security Connected」戦略の一環として、未知の脅威から端末を保護するエンドポイントセキュリティ4製品「McAfee Deep Defender」「McAfee Endpoint Encryption for PC」「McAfee Application Control」「McAfee Enterprise Mobility Manager」の機能強化を発表した。日本での展開は未定。

第1世代のセキュリティでは、既知の脅威を検出して事後対策的に対処。次世代エンドポイントセキュリティ製品は、PC起動時にHDD上で最初に読み込まれるマスターブートレコード(MBR)への不正侵入対策や、暗号化したPCのリモート管理、ユーザーがシステムの修正や変更などに合わせて更新できるダイナミックホワイトリスティング、モバイルデバイス向けのセキュアコンテナを採用することによって、高度な脅威に対処する。

「McAfee Deep Defender」は、インテルとの共同開発によるハードウェア支援型エンドポイント対策製品で、ルートキットによるゼロデイ攻撃への対策範囲を大幅に拡大した。金融機関関連情報や、認証情報の詐取を目的とした多くのステルス型攻撃が使用する、MBRルートキットにも対応できる。

「McAfee Endpoint Encryption for PC」は、インテルの「AES-NI」テクノロジーによる大幅な機能強化によって、SSDのパフォーマンスへの影響をほぼゼロまで低減している。このほか、インテルの「AMTテクノロジー」と、マカフィーの「ePO Deep Command」を統合することで、Windows 8搭載デバイスを含む電源が入っていないか無効化されているデバイスのリモートからの安全な管理に対応する。

「McAfee Application Control」は、新機能によってホワイトリスティングが一般的なデスクトップ環境の枠組みを超えて、3段階の承認テクノロジーによって、ITマネージャーによるホワイトリストに掲載していないアプリケーションの承認プロセスの管理ができる。

「McAfee Enterprise Mobility Manager」は、新たにiOS 6をサポートするとともに、「McAfee Secure Container for Android 2.0」の最新版を統合することで、AndroidやiOS 6を搭載したデバイスに対して、さらなるセキュリティと管理を提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング