大竹しのぶ&藤原竜也が初共演! 身を焦がす兄妹=母子の禁忌愛

2012.10.26 14:00配信
『日の浦姫物語』稽古風景 大竹しのぶ 『日の浦姫物語』稽古風景 大竹しのぶ

年頭から始まった〈井上ひさし生誕77フェスティバル2012〉。第7弾は1978年の初演時に杉村春子がヒロインを演じた『日の浦姫物語』だ。幻の名作、その復活に相応しく日本を代表する二大スター・大竹しのぶと藤原竜也の初共演も実現。11月10日(土)の幕開けを控え、佳境を迎える稽古場を訪ねた。

舞台は平安時代の奥州・米田庄。この地の棟梁・成親(辻萬長)の家に生まれた美しい双子の兄妹・稲若(藤原)と日の浦姫(大竹)は互いを愛おしむうち一線を越え、子供も生まれてしまう。父母亡き後の後見人・叔父の宗親(たかお鷹)はふたりを諌め、稲若は都へ武士の修行に出すが途上で客死。幼い息子に手紙と守りの鏡を持たせて海に流した後、日の浦姫が棟梁となる。時が流れ、成長した息子・魚名(藤原のふた役)がそれとは知らぬ姫たちの前に現れて……という波乱万丈な筋立て。舞台は近親相姦の宿命に翻弄されるふた組の男女の物語を、説教聖(木場勝己)と三味線女(立石涼子)の夫婦が語る形で進められていく。

この日の稽古は姫と魚名が再会の後、夫婦となって以降の場面。15歳から30、50代と劇中で年を経る大竹は、その時々に異なる美しさを見せ思わず息を飲む。兄と子を失って以来、女を捨てた姫が再び愛する人と懐妊の兆しを得て、輝きを取り戻した様子を大竹が艶やかに演じれば、年上の美女に溺れる若武者・藤原が熱っぽく荒々しい愛撫の仕草で応える。初共演とは思えぬ息の合った演技に、演出・蜷川幸雄の止めも入らぬまま稽古は進む。愛の交歓は姫が魚名を生き別れた息子と疑い、確かめ始めるところから急転直下で愁嘆場へ。事実の符合を激しく驚き、哀しみながら受け入れ始めるふたりを、語り部の聖・木場が強烈な視線で物語の外から射抜く。姫が挙げる親子の証に動揺する魚名と、別世界にいるはずの聖の表情、動き、感情がいつしかシンクロし、倍増した哀しみが場の空気を満たすのだ。

ギリシア悲劇のようなスケール感の戯曲を演出・蜷川は、歌舞伎の絵画的演出や邦楽と聖歌を交えた音楽など、ボーダレスな感性で魅せていく。ツワモノ俳優が居並ぶ稽古は、ほぼノンストップだが、俳優としての誕生の瞬間から知る藤原には蜷川も「恥知らず!」「ここで笑いが起きなきゃ本番でも止めるゾ!!」など愛ある檄を飛ばし、笑いが起こる一幕も。

悲劇に加え人間の根源に迫るエロス、作家の真骨頂である言葉遊びや戯れ歌など魅力満載の今作は、終幕さらに、私たち誰もが内心に抱える後ろめたさに鋭い一突きまでを残す。古えの物語を現代人へのメッセージに、皮肉に反転させるラストは驚きとともに劇場で味わっていただきたい。

東京・シアターコクーンにて11月10日(土)から12月2日(日)まで上演された後、宮城・イズミティ21 大ホール、大阪・シアターBRAVA!で公演を行う。なお、東京公演の中2階立見のチケットが、10月27日(土)より発売される。

取材・文:尾上そら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング