マイクロソフト、Windows 8アプリサイト「Windows ストア」正式オープン

2012.10.29 16:30配信
ニコニコ動画アプリ「niconico」の画面イメージ

10月26日、日本マイクロソフトの新OS「Windows 8」の発売と同時に、Windows 8アプリサイト「Windows ストア」が正式にオープンした。Windows 8搭載PCやタブレット端末は、無料・有料を含め、好きなアプリをインストールすることで、これまでのWindowsとは違う新たなPCライフを楽しむことができる。

Windows 8は、自分好みにカスタマイズして、コンテンツの閲覧や作成、また仕事や遊びなどそれぞれの目的に一番適したかたちで、タブレット端末やPCを利用することができるOS。「Windows 8」「Windows RT」を搭載したPCから「Windows ストア」にアクセスして、好きなアプリをインストールできるのだ。よく使うアプリやコンテンツは、スタート画面からワンクリックでアクセスできる。

アプリの種類は1000種類以上。ドワンゴとニワンゴのニコニコ動画「niconico」、フールージャパンLLCの動画配信サービス「Hulu」、MetaMoJiのモバイル端末用手書きノート「Note Anytime」、日本気象協会の天気情報「tenki.jp」、サイバーリンクのメディアプレイヤー「PowerDVD Mobile」、トレンドマイクロの「セキュリティ脅威マップ」「リモートアラーム」「あんしんブラウザ」など、各社がアプリの提供を開始している。

「Windows 8」の一般ユーザー向けラインアップは、「Windows 8」と、さまざまな機能を追加した「Windows 8 Pro」、Windows 8をWindows 8 Proにアップグレードする「Windows 8 Pro Pack」。旧OSのWindows 7/Vista/XPを使用しているユーザーは、家電量販店、オンラインショップ、日本マイクロソフトの「マイクロソフト ストア」が2013年1月31日までの期間限定で実施するキャンペーンで、パッケージ版が6090円(参考価格)で購入することができる。ダウンロード版は、マイクロソフトのウェブサイト「windows.com」で3300円。

また、6月2日から2013年1月31日までの間にWindows 7搭載PCまたはDSP版を購入したユーザーは、Windows 8優待購入プログラム専用サイトから、1200円でWindows 8 Proのアップグレード版をダウンロードすることができる。

デモイベント実施店舗では、Windows 8 搭載PC購入者を対象にWindows 8で映画やドラマを見ることができる「マイクロソフト ポイント」1400ポイントを先着順でプレゼントするキャンペーンを実施。各量販店でもWindows 8発売キャンペーンを実施しているので、おトクにWindows 8を手に入れたいという人は、早めに店頭やオンラインショップをチェックしよう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング