第25回東京国際映画祭、グランプリは『もうひとりの息子』 仏映画が2年連続の受賞

2012.10.29 17:00配信
東京サクラグランプリに輝いた『もうひとりの息子』のロレーヌ・レヴィ監督ら

アジア最大級の映画祭、第25回東京国際映画祭(TIFF)が28日に閉幕し、東京・六本木ヒルズでクロージングセレモニーが行われた。全15作品が選出されたコンペティション部門の最高賞「東京サクラグランプリ」には、中東問題を描いたフランス映画『もうひとりの息子』が決定。メガホンを執ったロレーヌ・レヴィ氏が最優秀監督賞も受賞し、2冠を達成した。

その他の写真

本作は兵役のための検査の結果、両親の実子でないことを知ったイスラエル人の青年を主人公に、イスラエルとパレスチナふたつの家庭のアイデンティティと信念とが大きく揺さぶられる事態を通して、根深い憎しみからの解放を探るヒューマンドラマ。レヴィ監督は、受賞結果に驚きの表情を見せながら「最高の一日です。この賞をイスラエルとパレスチナの子どもたちに捧げます」と喜びのあいさつ。クロージングセレモニーの後に行われた受賞者会見では、「映画監督として、さまざまな面で男女差があるのは事実。それでもすべての女性が勇気をもって前進するしかない」と女性監督としての決意を新たにしていた。

フランス映画が「東京サクラグランプリ」に輝くのは、昨年の『最強のふたり』に続き2年連続。審査委員長を務めた映画プロデューサー、ロジャー・コーマン氏は「グランプリは満場一致で決まった。それぞれの作品が信念、宗教、文化、政治的な価値観を表現しており、国際映画祭にふさわしいラインナップだった」と総評を述べていた。

第25回東京国際映画祭では、112本の作品が上映され(総上映回数は278回)、劇場動員数は3万9786人を記録した。また、今回をもって依田巽チェアマンが退任し、後任に角川書店の椎名保取締役が就任すると発表された。

【主な受賞結果】
東京サクラグランプリ:『もうひとりの息子』/審査員特別賞:『未熟な犯罪者』/最優秀監督賞:ロレーヌ・レヴィ監督『もうひとりの息子』/最優秀女優賞:ネスリハン・アタギュル『天と地の間のどこか』/最優秀男優賞:ソ・ヨンジュ『未熟な犯罪者』/最優秀芸術貢献賞:撮影監督パンカジ・クマール『テセウスの船』/観客賞:『フラッシュバックメモリーズ 3D』

いま人気の動画

     

人気記事ランキング