©Disney 撮影/つるたま

東京ディズニーシーの楽しみが、食べ歩きという方も多いのでは?

ディズニー・ハロウィーンの期間中(2017年10月31日まで)は、定番食べ歩きフードの「ギョウザドッグ」と「うきわまん」が、限定バージョンで販売中です。

見た目や味の違いだけでなく、大きさや重さ、具も皮も徹底的に調べてみると、様々な違いがあることがわかりました。

ちょっとマニアックな食べ比べレポートをお届けします。

ざっくりいうと「派手」「辛い」「50円高い」

うきわまん、ギョウザドッグともに、通常版と50円差で販売 ©Disney

うきわまん、ギョウザドッグともに、通常版との大きな違いは3つ。

1つ、見た目がディズニー・ヴィランズをモチーフにした、ド派手カラーになっている。

2つ、どちらも後味がピリっと辛い味付け。

3つ、価格が通常版よりも50円ずつ高くなっている。

 

では、通常版と限定版を徹底的に比べたデータをもとに、細かい違いを紹介します。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます