ファンも熱狂! M・スコセッシ監督作『ジョージ・ハリスン…』が満足度首位

2011.11.21 14:00配信
ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド 』(C) 2011 GROVE STREET PRODUCTIONS LIMITED.

「ぴあ」調査による11月19日公開の映画・満足度ランキングは、ビートルズのリード・ギタリスト、ジョージ・ハリスンの実像に迫るドキュメンタリー『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』がトップに輝いた。2位に『仮面ライダーW』の桐山漣主演による吉祥寺を舞台にしたラブ・ストーリー『吉祥寺の朝日奈くん』が、3位にアンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェンら豪華スターが共演した『新少林寺/SHAOLIN』が入った。

2位以下の写真はこちら

1位の『ジョージ・ハリスン…』は、上映時間210分の2部構成で贈る、ハリスンの58年の人生を辿った記録。監督は『ラスト・ワルツ』など音楽映画も手がけてきたマーティン・スコセッシ。出口調査では「1部でビートルズ時代を描き、2部はプライベートな部分に迫っていて、コアなファンも満足できる内容」「ジョンやポールが彼について語っているシーンもあって感激した」「印象的なエピソードが多くておもしろい。ありのままの姿が観られてもっとジョージを好きになった」「この映画が彼のすべてではないが、人生が凝縮されている。友人関係を含め、音楽やインタビューなど、膨大な素材を集めて上手くまとめている」「人生の奥深さが丁寧に描かれた作品で、音楽を良く理解した上での選曲にも満足」など、ファンから高い評価を集めた。

2位の『吉祥寺の朝日奈くん』は、中田永一の同名小説を原作に、好きになった女性が子持ちの人妻だった主人公(桐山)の恋の行方を描いた作品。アンケート調査では、「桐山漣の新しい一面が発見できた」「朝日奈くんは本当に吉祥寺にいそうで親近感がわき、応援したくなった」「衝撃的でドラマチックな結末がまっていて、ストーリーがよかった」など、女性から好評だった。

(本ランキングは、2011年11月19日(土)に公開された新作映画9本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング