太陽光発電7.25kW搭載、ご入居者様の“選んでよかった”アイテムで、暮らしをさらに豊かに

 木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉)は、2017年9月16日(土)~12月25日(月)まで、全国一斉フェア「39周年大還元!! 豊かな暮らしデザインフェア」を開催し、「MIRAI ZEH(ミライ ゼッチ)」を販売します。太陽光発電7.25kWを搭載したZEH(ネットゼロエネルギーハウス)仕様に加え、ワンランク上のデザインを実現します。また、実際に当社で家を建てたご入居者様から意見を収集した人気の家事ラクアイテム、最新設備で、毎日の暮らしをさらに豊かにします。



MIRAI ZEH外観イメージ :太陽光発電7.25kW搭載、延床面積109.72m2 、本体価格1,890万円(税込)~
※イメージ写真と異なる場合があります。

■未来基準の仕様
―国の基準を超える高性能+ZEH基準の高スペック仕様
 暮らしで使用する電気エネルギーが実質ゼロの住宅である"ZEH"には、外気温の影響を受けにくく、高い省エネ効率で快適な生活が送れるほか、災害時でも電気、水を確保できるなど、メリットが多くあります。
 「MIRAI ZEH」では、太陽光発電7.25kWを標準搭載し、さらに樹脂複合サッシ(アルゴンガス入り)、オール電化住宅、省令準耐火構造とすることでZEH仕様の資産価値の高い住まいを期間限定特別仕様で販売します。また、構造計算の義務付けがない住宅においても、全棟構造計算を実施することで、安心安全な住まいをご提供します。
太陽光パネル7.25kW
樹脂複合サッシ (アルゴンガス入り)
オール電化住宅


■未来基準のデザイン―高い住宅性能に加え、優れたデザイン性も標準仕様
 豊かな暮らしを実現するために、凹凸のある素材が陰影を表現するワンランク上の上質な外壁材を標準仕様とし、高級感ある外観をつくります。 室内は天然木フロアを採用し、木のぬくもりがある空間に仕上げます。また、天井の一部を高くするなど、居室にゆとりと開放感をもたらし、広々とした空間を演出します。

■ご入居者様の「いいね!」アイテムで暮らしをさらに豊かに
 アキュラホームグループ創立39(Thank you)年の感謝を込めて、利益大還元フェアを開催します。実際に“住みごこちのいい家“に住むご入居者様から「本当に良かったもの」を集め、子育て家族や共働き夫婦が選んだベストアイテム、家事の負担を減らす家事ラクアイテム、美しさと機能を兼ね備えた最新の仕様や設備など、毎日の暮らしがさらに豊かになるアイテムを自由にお選びいただけます。

政府は「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする目標を設定しており、2030年に向けてZEHの家が広がっています。アキュラホームはZEH仕様である「MIRAI ZEH」を販売することで、環境に貢献するとともに、住む人の経済的負担軽減に寄与する住まいを提供していきます。


<アキュラホーム会社概要>
社名 株式会社アキュラホーム
代表取締役社長 宮沢俊哉
所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル34F
電話 03-6302-5001(代)
創業 1978(昭和53)年10月
資本金 9,314万円
従業員数 1,055名(平成28年6月1日現在)
事業 建築工事・設計施工・販売、住宅総合研究・開発・コンサルティング
ホームページ http://www.aqura.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます