出会いの順番は選べません。好きになった人の隣にはすでに別の女性がいて、自分は次点扱いになってしまうことも…。

危ない恋だけど、どうしても彼をあきらめられないなら、一発逆転を狙って仕掛けてみませんか。

悲恋改善アドバイザー・藤本シゲユキさんの著書『本命になる技術』をベースに、「ナンバー2」から本命彼女へのランクアップを狙う秘策をご紹介します!

関西から現れた、愛のスパルタ講師

今でこそ恋する女性を助ける側に回った著者ですが、若き日は完全に女性をふりまわす遊び人タイプであり、また、前職はホストクラブの経営をされていたとか。自らの黒い歴史を、「女性の敵ともいえる存在だった」とふりかえっています。

その“悪魔の力”で恋愛相談にのって大評判を博し、自分は女性たちを救うこともできると気づいた彼は、恋愛アドバイザーに方向転換。

あらかじめ注意しておきますと、藤本シゲユキ氏は愛のスパルタ講師です。関西ノリで明るく楽しく、でも女性の弱点や悪い癖をズバリ!と指摘してくるお方です。

「これはキツいわ」と思うような意見もばんばん出てきちゃいますが、それは藤本氏が「今の状況を本気で変えたい」と願う女性だけを、全力で応援しているからなのでしょう。

幸せをつかむためには、自分を変える覚悟を決めて、手厳しいアドバイスも受け入れてみて。

「未来志向の女」になろう

恋には不安がつきもの。「LINEの返信がない。前に送ったメッセージが悪かったのかな」「あんなこと言うんじゃなかった。嫌われたかもしれない」などなど、相手のことを意識すればするほど、弱気も芽生えやすいですよね。

しかし早速ですが、女性の胸にわき上がるその種のネガティブな感情に、本書はピシリと鞭をくれます。

そういった不安は、すでに過去のことが多い、と藤本先生は指摘。もう「どうにもできひん」ことでくよくよ悩む暇があったら、「そのうえでどうするか」を考えたらいいと説くのがシゲユキメソッドです。

彼が気に入らないようなことをしてしまったとしても、「そのうえでどうするか」に目を向けたらいい。変なこと言っちゃったな、と思ったら、次はもっと楽しい話題を選んだらいい。

そう、過ぎ去ったことにとらわれず、これからを考える女性が男性の目には魅力的に映ります。二人の未来をよりよくすることに、意識を集中しましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます