内閣官房が認証する「beyond2020 プログラム」として展開

この度、「竹害」という社会的課題の解決を目指して竹炭インテリア事業を行う株式会社TAKESUMIは、平成29年11月25日(土)から12月29日(金)まで、薪ストーブのあるコミュニティカフェ「薪まきカフェ」において、「TAKESUMI × 薪まきカフェ 日本の里山を守ろう!」を開催します。


薪まきカフェ
この度、「竹害」という社会的課題の解決を目指して竹炭インテリア事業を行う株式会社TAKESUMI(本社:東京都新宿区、代表取締役:小松 裕介、宮野 眞紀)は、平成29年11月25日(土)から12月29日(金)まで、薪ストーブのあるコミュニティカフェ「薪まきカフェ」(東京都世田谷区千歳台6-8-9)において、「TAKESUMI × 薪まきカフェ 日本の里山を守ろう!」を開催します。

本イベントでは、日本の里山を守るための「竹害」の現状と対策、竹炭の歴史や科学的な効能を紹介するパネル展示を行います。また、同年11月25日(土)には、竹炭アートクリエーター南 眞紀(みなみ まき)と一緒に、クリスマス向け竹炭インテリアを作るワークショップを行います。
beyond2020プログラム ロゴ
また、本イベントは「beyond2020プログラム」に認証されました。本プログラムは、“日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーを創り出す文化プログラム”として、全国の様々な団体が参画・推進し、日本の盛り上がりを図っていくものです。TAKESUMIでは、2020 年以降を見据え、“オールジャパン”の1コンテンツとして、日本の文化を世界に発信していきます。

竹炭は日本の優れた知恵と文化です。生命力の強い竹林は、森林を侵食するため、森林を保護するためには日々成長する竹を伐採する必要があります。その伐採された竹を焼いて竹炭は作られます。竹炭は、土壌改良、水環境や汚染土壌の浄化、住宅の床下湿度調整、消臭や電磁波の吸着などに利用されており、古くから縁起物とされています。

今後も当社では、多くのお客様に、当社商品、竹炭の機能性や竹害という社会的課題の存在を知ってもらえるように様々なイベントを行ってまいります。


【ワークショップ】
開 催 日 時  平成29年11月25日(土)13:30 ~ 15:30
講     師  南  真紀(みなみ まき)(竹炭アートクリエーター)
 約20年にわたり竹炭インテリアを創作。ホテル・旅館やレストラン等へ作品提供を行う。ソーシャルビジネスとして竹炭インテリア事業を行なう株式会社TAKESUMI代表取締役副社長。
内     容
 日本の竹炭を利用し、水引と花材を組み合わせて、クリスマスプレゼントにぴったりの“和モダン“な竹炭インテリアを作ります。竹炭は日本の優れた知恵と文化です。なぜ今、竹炭なのか?竹炭で森を守るトークを交えながら、竹炭インテリア作りをお楽しみください。

【薪まきカフェ】
住     所  東京都世田谷区千歳台6-8-9
ア ク セ ス  京王線千歳烏山駅徒歩20分、小田急線祖師谷大蔵駅徒歩20分
営 業 時 間  火曜日~土曜日 9:30 ~ 18:30
         月曜日・日曜日は定休日
お問い合わせ   03-5969-8544

薪まきカフェ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます