ローランド、Windows用の音楽制作ソフトウェア「SONAR X2」、新プラグインを搭載

2012.11.1 13:15配信
SONAR X2

ローランドは、「Cakewalk」ブランドのWindows用音楽制作ソフトウェア「SONAR X2」シリーズを11月23日に発売する。ラインアップは、プロ仕様の「SONAR X2 PRODUCER」、標準版の「SONAR X2 STUDIO」、ベーシック版の「SONAR X2 ESSENTIAL」。「SONAR X2 STUDIO」とオーディオインターフェースのセット「SONAR X2 POWER STUDIO QUAD」も同時発売する。

ユーザーインターフェースを改良。クリップ(音声や演奏データの素材)の状態をひと目で確認することができ、データをスマートに編集できる。

各トラック(演奏データの記録場所)の音量や音の定位などの調整を記録し、効率よく編集する「オートメーション・レーン」を新たに搭載し、緻密な編集をスムーズに行うことができる。新プラグインとして、伊OVER LOUD社のソフトウェア・ギター・エフェクトを搭載し、さまざまなギターサウンドをつくることができる。

「SONAR X2 PRODUCER」は、録音、編集、ミックス、マスタリングなど、プロのスタジオに匹敵する音質と操作性を備える。新たなプラグインとして、オーディオデータを視覚化し、特定の音の取り出し/消去に対応した「R-MIX SONAR」や、OVER LOUD社の四つのアルゴリズムを収録したリバーブ・プラグイン「BREVERB SONAR」を搭載。チャンネル・ストリップ「ProChannel」には、新モジュールとして3タイプのアナログミキシングコンソールをシミュレートした「Console Emulator」を収録する。実勢価格は8万円前後の見込み。

「SONAR X2 STUDIO」は、バッキング(伴奏)制作や、オーディオ録音の基本性能を備える。ボーカル編集機能「V-Vocal」で、音程やタイミング、声質などを修正して、思い通りのボーカルに仕上げることができる。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

「SONAR X2 ESSENTIAL」は、ドラムやシンセサイザーのフレーズなどのループ素材が付属。素材をドラッグ&ドロップでつないだり、並べ替えたりすることで、直感的な曲づくりができる。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

「SONAR X2 STUDIO」と、オーディオインターフェース「QUAD-CAPTURE」をセット「SONAR X2 POWER STUDIO QUAD」は、これから音楽制作を始める人向けのパッケージ製品。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。対応OSは、Windows 7(SP1以降)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング