主人公はこのふたり! タランティーノ最新作『ジャンゴ』新画像公開

2012.11.1 15:35配信
『ジャンゴ 繋がれざる者』の主人公ジャンゴとシュルツ

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ジャンゴ 繋がれざる者』のキャラクター・ポスター画像が公開された。全世界の映画ファンが公開を待ちわびるタランティーノの新作の主人公は、元歯科医の賞金稼ぎと彼によって鎖から解き放たれた男ジャンゴだ。

その他の写真

本作は、19世紀のアメリカ南部を舞台に、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)によって自由を得た主人公ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)が、奴隷市場ではなればなれになってしまった妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を救いだすべく、極悪非道な農場主キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)と壮絶な戦いを繰り広げる姿を描く。

以前よりイタリア産の西部劇“マカロニ(スパゲッティ)・ウェスタン”への愛情を語りまくってきたタランティーノ監督が、満を持して放つアクション活劇がセルジオ・コルブッチ監督の傑作『続・荒野の用心棒』の主人公と同じ名をもつ『ジャンゴ 繋がれざる者』だ。このほど公開されたポスター画像のジャンゴは、黒眼鏡をかけ銃を片手に妻を奪ったキャンディへの怒りをたたえている。演じるフォックスは、ウィル・スミスらも参加したオーディションを勝ち抜いてジャンゴ役を得た。一方のシュルツは表情こそは穏やかだが、その眼光は鋭い。演じるヴァルツはタランティーノ監督の前作『イングロリアス・バスターズ』の演技でアカデミー助演男優賞を受賞。シュルツ役は監督が彼のために書いた役だという。

ふたりは賞金稼ぎと奴隷という立場をこえてコンビを結成し、絆を深め、腕をみがいて、極悪人の農場主キャンディに立ち向かう。フォックスとヴァルツ、ふたりのオスカー俳優が最強コンビを組んだ映画『ジャンゴ 繋がれざる者』は来年3月、日本に上陸する。

『ジャンゴ 繋がれざる者』
2013年3月1日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング