ニューヨークファッションウィークでブランドの25周年を祝福



ニューヨークファッションウィーク中の9月8日、ケイト・スペード ニューヨークはspring 2018 collectionを発表。今回のコレクションテーマに繋がるニューオーリンズの精神、サウンド、味覚を呼び起こすために会場として選ばれたのはニューヨークのグランドセントラル駅にあるアイコニックなレストラン、Grand Central Oyster Bar。25周年を迎えるケイト・スペード ニューヨークのspring 2018 collectionを身にまとったモデルたちが、祝福ムードの中、ジャズの生演奏に合わせて踊り出します。
日本からは歌手の西内まりや、モデル兼クリエイターの宮本彩菜、モデルのベイカー恵利沙など多くのゲストが来場し、ブランドの25周年を祝福しました。

ケイト・スペード ニューヨークのブランド25周年を記念する2018年のテーマはアメリカ。アメリカ全土をめぐる1年間の楽しい旅へと出発します。spring 2018 collectionでは、アメリカ南部の魅力と壮大な動植物の風景、そしてジャズの遊び心がインスピレーション源となったニューオーリンズがテーマの地となりました。

創造的なコラボレーションや、1993年ブランド創業時のファーストハンドバッグ ”sam(サム)” の新しい素材とサイズでの再登場など、この画期的な年を祝うべくたくさんの出来事が待ち受けています。


 Fall 2017の最新ルックを着た西内まりや/宮本彩菜(左)とベイカー恵利沙(右)
今回、spring 2018 collectionのレポート写真がスペシャルサイトにてリアルタイム配信されました。
女優 仲里依紗とモデル兼クリエイター 宮本彩菜の2人がそれぞれにニューヨークの街を散策して、気になったスポットやオススメの場所の写真をリアルタイムで紹介していく企画もスペシャルサイト ”kate spade new york spring 2018 collection new york city tour”でご覧いただけます。2人が立ち寄ったおすすめスポットは2017 ニューヨーク最旬mapとなってサイト上に紹介されるので、お見逃しなく。

<kate spade new york spring 2018 collection new york city tourスペシャルサイト>
https://www.katespade.jp/nyfw
kate spade new york spring 2018 collection ルック-新作のハンドバッグ ”sam(サム)”を合わせて

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます