ビックカメラ、「横浜ビブレ店」をアウトレット専門店に、「横浜西口店」を総合店にリニューアル

2012.11.1 18:23配信
「ビックカメラ 横浜西口店」の店舗イメージ(左)と「ビックカメラアウトレット 横浜ビブレ店」のロゴ

ビックカメラは、11月1日、横浜エリアの2店舗を再編し、「ビックカメラ 横浜西口店」をデジタル家電から生活家電まで揃えた「総合店」に、また「ビックカメラ パソコン館 横浜ビブレ店」をアウトレット専門店にリニューアルしてオープンした。

横浜ビブレ7階にある「ビックカメラアウトレット 横浜ビブレ店」は、神奈川県内初となる都市型アウトレットの専門店。各店での展示品や旧モデル、外装不良などの「お買い得品」を販売する。隣接する「ソフマップ 横浜ビブレ店」では、中古品の買取り・販売を行っており、同じフロアで「アウトレットのお買い得商品」や「中古品販売の掘り出し物」を探すことができる。営業時間は11時~21時。

「ビックカメラ 横浜西口店」は総合店としてリニューアルし、これまで取り扱っていなかったPC・PC関連商品の販売、アフターサポートを「ビックカメラ パソコン館 横浜ビブレ店」から引き継ぐ。営業時間は10時~21時。

また、ビックカメラとコジマは、ビックカメラグループとして連携し、アフターサービスの利便性の向上させるため、11月1日から順次「長期保証の相互受付サービス」を開始する。実施店舗では、各社独自の長期保証の対象となっているビックカメラ購入商品をコジマで、コジマ購入商品をビックカメラで、修理を申し込むことができる。

11月1日のサービス開始店舗は、東京都内のビックカメラ11店舗とコジマ30店舗の計41店舗。12月上旬には、埼玉・神奈川・千葉・群馬・栃木・茨城のビックカメラ10店舗、コジマ75店舗の計85店舗でもサービスを開始する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング