単なる続編じゃない! 監督が『ユニバーサル・ソルジャー』新作を語る

2012.11.2 10:53配信
『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』(C)2012 Unisol 4 Distribution LLC All rights reserved.

ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の人気アクションシリーズ最新作『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』が11月3日(土)から日本公開されるのを前に、本作を手がけたジョン・ハイアムズ監督がインタビューに応えた。

その他の画像

『ユニバーサル・ソルジャー』シリーズは、戦死した後に軍の特殊兵士・ユニソルとして蘇生させられた戦闘マシーンのリュック(ヴァンダム)が、自分を取り戻すために闘いに身を投じていく姿を描いた人気アクション作。最新作では自己を解き放ったリュックが、かつての宿敵だったスコット(ドルフ・ラングレン)を片腕に迎え、新世代ユニソルたちを覚醒させて新たなる宿敵と闘いを繰り広げる様をアクション満載で描く。

ジョン・ハイアムズ監督は、『カプリコン1』などを手がけているほか、ヴァンダムとは1994年の『タイムコップ』でタッグを組んだ名匠ピーター・ハイアムズ監督の息子で、劇映画だけでなく格闘技系のドキュメンタリーも手がける才人だ。ハイアムズ監督は「シリーズに新たな息吹を吹き込むため、シリーズの特徴だったアイデアや設定に対して挑戦した。作品を観てくれる人が度肝を抜かれるほど意外なものを作りたいといつも思っている」という。具体的にはこれまでとは異なり、物語が“ユニソルたちの視点”から描かれており、前作で描かれたユニソルに関するテクノロジーもさらに進化を遂げるという。むろん、シリーズのファンだけを相手にした映画ではないようで、ハイアムズ監督は「この作品だけでも十分に楽しめる」と胸をはる。

もちろん、本作でも過激なアクションシーンは健在だ。ハイアムズ監督はアクションをより現実的なものに作り上げるため、スタントマンとして活躍もしているラーネル・ストーヴァル氏を殺陣/スタント・コーディネーターに迎えた。「ラーネルにはストーリーに適した闘い方や、どうすれば闘いそのものでストーリーを語ることができるかがわかっている。それこそが、私がスクリーンに描き出したかったことだ。キャラクターごとに違う闘い方があり、戦闘シーンひとつひとつがストーリーを語っている」。劇中で“キレ”のあるヴァンダムと、“重み”を感じさせるラングレンがどんなアクションを見せてくれるのか気になるところだ。

『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』

『ハード・ソルジャー 炎の奪還』
11月17日(土)より銀座シネパトスほか全国順次公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング