俳優としても大注目! 24歳の新鋭、森岡龍の監督作が初の劇場公開に

2012.11.2 17:42配信
森岡龍監督

弱冠24歳の新鋭、森岡龍監督の『ニュータウンの青春』が11月3日(土)より渋谷ユーロスペースでレイトショー公開される。浦安を舞台に、悪友3人組のほろ苦い青春を描いた本作は昨年の<第33回ぴあフィルムフェスティバル>のPFFアワード2011でエンタテインメント賞を受賞。その後、釜山国際映画祭にも正式出品された。手掛けた森岡監督は映画作家としてはもとより俳優としても才能を発揮する日本映画界注目の逸材だ。

これまでに森岡監督は自主制作した『つつましき生活』『硬い恋人』がPFFに入選。早くからその才能に注目が注がれていた。今回の『ニュータウンの青春』は多摩美術大学の卒業制作作品で、冴えない男子3人組が社会へと旅立つ、言うなれば大人への通過儀礼が描かれる。時に空回りする3人の青春に失笑しながらも、二度と帰れない日々が自分の若き頃にも重なり胸がじんとする場面も。笑いあり涙ありのエンターテインメント性に富んだ本作は、“暗い”“ひとりよがり”という自主映画について回るイメージを大きく覆す。新世代の青春映画の誕生を感じさせるといってもいい。森岡監督自身は「自主ではあるけれども、劇場公開を当初から視野に入れて作った作品。ほかの一般公開作品と並んだとき、どういう反応があるのか? 気になるところです」と語っている。

また、彼は石井克人監督の『茶の味』で俳優デビューを飾り、その後も『色即ぜねれいしょん』『見えないほどの遠くの空に』など、数々の作品に出演。今後の待機作にも石井裕也監督の『舟を編む』があり、役者としても大きな注目を集めている。これについては「俳優をやることで監督としての自分の財産になることがいっぱいあるし、またその逆もある」とのこと。「いまはいろいろな経験を積むという意味でも、監督も俳優も続けていきたい」。

「最後、主人公の3人がそれぞれの道を歩んでいくように、この作品は僕にとってもひとつの大きな区切り。大学を卒業して、ここから新たなキャリアがスタートした気がしている。これからが勝負だと思っています」と本作を位置づける森岡監督。次のステップへと踏み出した彼には、今後の飛躍が大いに期待される。まずは本作で、その若き才能を感じてほしい。

『ニュータウンの青春』

取材・文・写真:水上賢治

いま人気の動画

     

人気記事ランキング