「1人でも多くの女性に正しい綺麗を」をミッションに、植物を独特に活用した化粧品の開発とOEM製造を行う株式会社サティス製薬(代表取締役:山崎智士、本社:埼玉県吉川市)は、「スティンギングテスト」の受託サービスを開始します。安全性試験を高精度かつ低コストに幅広く揃えることで、安全性評価試験設備を持たない企業でも、一通りの肌トラブルを予測回避することを可能とします。


サティス製薬は2016年より、実験動物を用いずに化粧品や原料の安全性を評価する受託試験サービスを開始しています。これによりサティス製薬は、化粧品の安全性試験を受託できる日本で唯一の化粧品OEM製造会社になりました。
このたび新たな試験項目として、製品や原料などを使用した際に生じる一時的なヒリヒリ感やかゆみといった感覚刺激(スティンギング※1)を評価する「スティンギングテスト※2」を追加します。試験を行った製品は“スティンギングテスト済み”と表記することが可能です。

昨今、化粧品の安全性に対する社会の関心は高く、品質保証に対する企業姿勢が問われています。サティス製薬では、今まで化粧品OEM製造会社として化粧品開発・製造を行ってきた実績と培ってきた評価試験技術をもとに高精度かつ低コストな安全性試験を幅広く揃えています。安全性評価試験設備を持たない企業でも、一通りの肌トラブルを予測回避し、消費者に対して安全性のより高い製品を届けることが可能になります。

※1:スティンギングとは、製品や原料などを使用した際に生じる一時的なヒリヒリ感やかゆみといった感覚刺激のことを言います。
※2:スティンギングテストは、刺激を感じやすい方を対象に、一時的なヒリヒリ感やかゆみといった感覚刺激を評価する感受性テストのことです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます