ウィルコム、モバイルバッテリ搭載のPHS端末「ENERUS WX03S」、スマートフォンに給電

2012.11.2 18:45配信
スマートフォンへの給電イメージ

ウィルコムとウィルコム沖縄は、モバイルバッテリ機能を搭載したセイコーインスツル製PHS端末「ENERUS(エネルス) WX03S」を12月13日に発売する。

PHS端末として世界で初めてモバイルバッテリ機能を搭載。1700mAhの大容量バッテリで、スマートフォンやUSB対応機器に給電できる。ユーザーが設定したバッテリ残量(10~90%)でスマートフォンへの給電を自動的にストップし、「ENERUS」での通話やメールに十分なバッテリを保つ。

スマートフォンや携帯電話とのBluetooth連携に対応。自身のスマートフォンの着信を「ENERUS」で受けたり、スマートフォンの番号で「ENERUS」から発信したりできる。また、親機としてカーナビやハンズフリー機器とリンクすることも可能。スマートフォンをバッグに入れたままで、「ENERUS」からスマートフォンのミュージック再生をコントロールすることができる。

液晶は2.4インチ。メールや赤外線通信、リモートロックなどのセキュリティ機能は備えるが、カメラ機能、ブラウザ、メモリーカードスロットなどは搭載していない。サイズは、幅約50.0×高さ124.0×奥行き13.6mmで、重さは約111g。連続通話時間は、国内最長クラスの約14時間、連続待受時間は約45日。カラーは、エメラルド、レッド、ホワイト、ブラックの4色。

価格はオープンで、直販サイト「ウィルコムストア」で、分割割引サービス「W-VALUE SELECT」を利用し、「W-VALUE」割引を適用して新規契約・機種変更する場合の実質負担額は6000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング