彼に「今日うち泊まっていかない? 」と、言われたまでは良いけれど、そこがまさかの実家だったらどうします? テンパりますよね?

どんなに気をつかわなくて良いと言われても、やはり気をつかいます。

ましてや、結婚を考えている彼ならばなおのこと。印象は良いものにしたいですよね。

というわけで、彼氏の実家にお泊まりする際に、気をつけておきたいところをいくつかご紹介します!

靴はきれいなものを履いて行こう

まず、靴はきれいなものを選んでくださいね。汚れたスニーカーや、履き古したパンプスなどはNG。

それから、あまり派手なものや、ヒールが高すぎるものなどもやめておきましょう。あなたが部屋に上がった後、ふとした時に目がいく玄関の靴。無言のアピールを。

服装は清楚に

もちろん服装は清楚が1番。ジーンズでもあまりカジュアルすぎない穿き方をしましょう。

ダボダボなものや、ダメージジーンズも避けたほうがベター。また、流行のオフショルダーなどの露出はなるべく控えた方がいいかも。

色は、明るいものを選ぶと印象が明るくなりますのでおススメ。

可愛い系のワンピースも一歩間違うと子供っぽい印象になってしまうので、シンプルなパンツスタイルが無難なのではないでしょうか。

手土産は上品すぎず、くだけすぎていないお菓子をチョイス

マストアイテムの手土産の選び方も慎重に。丸の内で買った、フランスの有名なパティシエのなになに、などは、初めましての際には少々気どり過ぎかも。

逆に、スーパーのお土産コーナーのお菓子や、ましてやコンビニで買ったアイス、などはくだけすぎ。上品すぎず、くだけすぎていない絶妙なチョイスを!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます