さて本題の<SoLoMoマーケティングとは。>。一般的にSo=Social、Lo=Local、Mo=mobileと言われていますが、山根さん曰く「SoLoMoマーケティングとは、So=Social、Lo=Local、Mo=Motherなんです」と断言。もともと地域性の高いソーシャルを持つ人種であるお母さんを中心としたマーケティングを行うことにより、より広く地域に密着したプロモーションを行う手法とのこと(スライドより引用)。

しかしそもそもお母さんってソーシャルとか知ってるの? ということで、山根さんのお母さん・山根由美さん(62)に緊急インタビューを実施。ネット関連の最新ワードをお母さんはどれだけ知っているのでしょうか?

 

山「ソーシャルって知ってる?」
母「知らん」
山「知らんか……GPSって知ってる?」
母「ケータイかなあ? サイト?」
山「アプリってわかる?」
母「アプリは知ってるわ、ケータイやろ?」
山「ユニクロックってわかる?」
母「知ってる、買いに行ってる」

山「ツイッターは知ってる?」
母「知ってる、つぶやくんやろ」
山「会社名やねんけど、バーグハンバーグバーグって会社があんねんけど、どう思う?」
母「いや~、マクドみたいなんかな?」
山「じゃあ最後に、SoLoMoマーケティングって知ってる?」
母「知らん」
山「大体わかったわ、ありがとう。いま東京来てて、また明日帰ります」
母「あ、あんた、バナナとか出しっぱなし!」

というわけで結論→「SoLoMoマーケティングなんて存在しない(山根家には)」。付け加えることはありません。説得力ありすぎな検証だったと言えるでしょう。

ここからは第2部のトークセッション。まず最初のお題は「今回なぜ公式カンファレンスに呼ばれなかったのか?」。それぞれの回答を見ていきましょう。

 

今年公式カンファレンスに呼ばれなかった理由とは?

川田「いや……知らないですよね。そもそも僕は公式カンファレンスだって言われて出演をOKしたんですよ。それで来てみたらこういうことになってるし、会場ついたら白塗してるし……。でも今日みなさんそれぞれの話が聞けたので、これはもう公式でいいんじゃないかと思いますけど……どうですか?」

シモダ「僕も最初だまされて、公式の方に出れると思ってOKしたんですけど。でも今回プレゼンをやって見て思ったのは、公式のほうでやると多分ソフトバンクの方いっぱいいそうで、仕事に影響がありそうな気もするんで、こういう地下のほうが自分には向いてるのかなって気はしましたね」
 

佐藤「僕はそもそもアドテックってイベントを職業柄わかってなかったので、そもそもこの大きいイベント自体がアホテックだと思ってました。なので、なぜ出ることができなかったのかというか、出てますっていう感覚です」

高橋「僕も佐藤さんから来てくださいっていう話があって……アドテックはそもそも知らないです。ちょっと今日勉強して帰りたいと思います」

佐藤「でもさっき川田さんの話を聞いてて、やっぱ公式には出れないのかなって思いました(笑)」
 

山根「まあ今回このアホテック自体を株式会社人間がモデレートしてるんですけど、確かに一回公式になりそうかな?って瞬間はあったんですけど、ヒューンって落ちちゃってこの場所にいるんですけど。でも僕は来年もやる気でいますよ、アホテックを。さっきもメインのステージを“今度は誰がここに落ちて来んねやろ”って目で見てました」

清水「えーっと僕の場合、アドテックの事務局にナカムラさんっていう非常にきれいな女性がいらっしゃって、その方がいつも歯を矯正してらっしゃるんですね。それで“あの矯正具がエロい、あの矯正具がエロい”ってずーっと周りに言ってたからじゃないですかね」
 

…………では次のお題、「来年、公式カンファレンスに出るにはどうすれば良いのか?」。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます