来年、公式カンファレンスに出るにはどうすれば良いのか?


川田「うーんどうしようかなあ……具体的な企業名とか出しましょうか?」
 

シモダ「うーん僕も一回も見たことないし、それよりさっきから指から血が出てて、それどころじゃないんですけど……でも多分いちどここに出ちゃうと、もう二度と上に登ることはできないんじゃないですかね。ここ来る前からそんな気はすごいしてて、それで今PARTYのすごい人(=清水さん)見て、もうダメやなと思いましたけど」

清水「あ、でもうまいこと横文字とかを駆使してなんか言ってれば、ぜんぜん大丈夫だと思いますよ」

シモダ「そうですよね。だってここにいらっしゃるお客さんみんな、僕らのことスーパーグッドあたまいいと思ってる感じですよね」
 

清水「だからうまいこと言ってれば大丈夫。横文字です」

佐藤「そもそも公式とかって誰がどう決めるんですか?」

池辺「くじ引きだったかと……」

佐藤「え、くじ引きなんですか!? じゃあくじを当てればいいんじゃないですか(笑)。あと著名人、芸人とか連れてきたらいいんじゃないですか」
 

ツッコミはじめるとキリがないので、どんどんいきましょう。ここからは会場のお客さんとの質疑応答です。まずはこちらの質問から。「来年のアホテックのキーワードは?」。

 

シモダ「基本モデレーターさんが決めるんでしょうけど、無とか、虚無とか、そういう感じじゃないですかね」

川田「僕、風船だと思いますね」

(佐藤さん、高橋さん、山根さんとマイクをスルーして清水さんへパス)

清水「……生きる。という言葉に収斂してくんじゃないかなあと、私は見てますけどね」

来年のアホテック出演を狙ってる人はチェック必須ですね。最後は直球の質問。「面白いコンテンツを作り続けるためには、どうしたらできるようになるのか? これ面白いのかなあ……と不安になったときは、どのように改善していくのか?」。これは気になります。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます