ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」(使用イメージ)

ソニーは、肩にのせて使用するウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を10月14日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

耳元で音が広がる、新構造ウェアラブルサウンド

小型ながら高音質の専用フルレンジスピーカーユニットを左右に搭載。スピーカー開口部から放射状に効果的に音が広がる独自のボディ構造とデジタル音声処理によって、包み込まれるような音場が生成され、映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめる。

スピーカーが首回りにあるので、小音量でも豊かな量感の音が耳に届く。さらに、左右それぞれのスピーカーに、映画のアクションシーンなどの低音域に連動して振動するパッシブラジエーターを搭載。耳に入る音と振動が一体となり、まるで映像に入り込んだような臨場感を体感できる。振動の強さは、強・中・弱の3段階で調節可能。

背中から肩、鎖骨のラインに沿ったアーチ形状とインナークッションで、長時間の使用やラフな姿勢でも安定して快適に装着できるようにした。肌に触れる内側には、汚れにくい加工を施したファブリック素材を採用。カラーは、リビングになじむライトグレー。

操作ボタンは本体内側にあり、テレビと付属の小型送信機をつなぎ、スピーカーと送信機間は無線で接続する。送信機から約30mの範囲ならどこでも使用可能で、1つの送信機に対して同時に2台まで接続できる。

充電は、のせるだけで簡単に充電できる専用充電台を使って行い、1回約3時間の充電で、最大約7時間の連続使用が可能。付属の専用オーディオケーブルで有線接続すれば、スマートフォンなどのポータブル機器に保存した音楽も再生できる。実用最大出力は1W+1W。サイズは約幅210×高さ75×奥行き205mm。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます