撮影:稲澤 朝博

玉山×佐々木が「セックス依存症」題材のドラマに惹かれた理由

「高校教師」「未成年」「人間失格~たとえばぼくが死んだら」などの名作で知られる脚本家・野島伸司の新作のHuluオリジナル連続ドラマ「雨が降ると君は優しい」が配信開始前から大きな話題を集めている。

何しろ、この作品で野島が斬り込んだ題材は“セックス依存症(=性嗜好障害)”。

しかも、妻が不特定多数の男性と肉体関係を持ってしまう心の病という衝撃の事実を知り、苦悩する夫の立木信夫に玉山鉄二が演じその心の病を抱えたヒロインの主婦・立木彩に佐々木希が挑んでいるのだから、ただ事ではない。

いったいこれはどんなドラマなのか? 玉山と佐々木はなぜこのセンセーショナルなドラマへの出演を決めたのか? ふたりを直撃して、その真相に迫った。

数多くの衝撃作を産み落とした、野島伸司が新たな「究極の愛」を描く

「雨が降ると君は優しい」は、尾野真千子主演のサイコサスペンス「フジコ」(15)、AKB48の渡辺麻友とHKT48の宮脇咲良がW主演したホラーサスペンス「CROW’S BLOOD」(16)、小栗旬主演のクライムサスペンス「代償」(16)といった、地上波では放送することのできない刺激的なドラマで視聴者を圧倒してきたHuluが、脚本家のレジェンド・野島伸司の書き下ろしオリジナルシナリオを全8話で完全ドラマ化する野心作。

「雨が降ると君は優しい」

何しろ、野島が今回「本当に描きたいドラマ」として3年もの歳月をかけて産み落とした本作は、地上波では描くことが難しい“セックス依存症”…正式には“性嗜好性障害”という病気に侵されたヒロインをめぐる、生々しく狂おしい究極のラブ・ストーリーなのだ。

そして、そんなセンセーショナルな問題作に果敢に挑んだのが、玉山鉄二と佐々木希。ビッグネームの彼らがリスクも伴う本作への出演を決めたことが、逆に本作の面白さを裏づけているような気もする。

そこで、ふたりにオファーを受けたときの率直な印象から聞いてみた。

演じながら“精神的に辛い領域”に追い込まれたときはありましたか?

玉山「僕はこれまで企業モノや社会性が強い作品に出演させていただくことが多くて、こういう純愛モノはあまり経験してこなかったんです。

それに、僕は台本やキャラクターが面白いのか、自分が参加したいと思うのかどうかといったところで出演を決めさせていただいているので、今回のような地上波ではなかなかできない役をいただけて、本当に感謝しています」

佐々木「私は台本を読む前の方が、題材の難しさもありお受けすることを迷っていたかもしれません」

佐々木「ですが台本を通じてですが、当事者の葛藤を知り、病気のことや彩の苦悩を理解したいと思ったんです。

それに台本が本当に面白くて、続きを早く読みたいと思いましたし、『信ちゃんと別れるぐらいだったら死んだ方がいい』と言いそうなほどピュアな彩がだんだん愛おしくなってきたんです。

それで、事務所のスタッフから『お受けするかしないか自分で考えて決めていい』と言っていただいて、やり甲斐が感じられるような気がしたので、決意をして『挑戦させてください』と言ったことを覚えています」

玉山「よくオファーを受けたなって思う。

日本の俳優は特に、その役をやる前とやった後の変化を怖がる人が多いから、すごく勇気がいったんじゃないかな」

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます