日本エイサー、世界最薄11.9mmのウルトラブック「S7-391-F74Q」、10点マルチタッチ対応

2012.11.6 20:18配信
S7-391-F74Q

日本エイサーは、世界最薄となる11.9mmのボディで、Windows 8タッチに対応した13.3インチディスプレイ搭載のウルトラブック「S7-391-F74Q」を、11月8日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は14万円前後の見込み。

CPUにインテルCore i7-3517Uを採用。10点マルチタッチ対応の13.3インチIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、4GBのメモリ、128GBのSSDを搭載する。OSにはWindows 8 64ビット。インターフェースは、USB3.0×2、Micro HDMI(HDCP対応)×1、ミニD-sub15ピン×1、SD/MMC対応の2-in-1カードリーダーを備える。

アルミ合金や強化ガラスパネル、ゴリラガラス2などの採用によって、11.9mmの薄型ボディと約1.3kgの軽さを実現しながら、高い堅牢性をもつ。キーボードには有機ELバックライトを備え、薄暗い部屋やライトのない場所でもスムーズにタイピングできる。178°の広視野角ディスプレイは、複雑な操作ができる10点マルチタッチに対応する。

サウンド機能は、サラウンドサウンドを生み出す「ドルビーホームシアターv4」を搭載。YouTubeの動画・音楽ライブの視聴やオンラインゲームなどが、臨場感豊かに楽しめる。

スリープ状態から約1.5秒、休止状態からでも6秒で復帰する「Acer Instant On」、復帰後に約2.5秒で高速ネット接続ができる「Acer Always Connect」を備える。バッテリ駆動時間は約6時間。サイズは幅323.3×高さ11.9×奥行き223.5mm。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング