「日本酒&馬肉 ゆう馬麻布十番店」が2017年9月15日(金)よりオープンしました。「ゆう馬」では、東京では高級と言われる馬肉を熊本の牧場から空輸し、リーズナブルに提供しています。食べることができる生肉は「希少部位のレバ刺し」を筆頭に都内最多(※同店調べ)の約10種類。また、希少な物から、定番、季節ものまで全国から仕入れた日本酒を一律500円で楽しむことができます。

東京では現在4店舗が展開されており、「麻布十番店」は5店舗目。都営大江戸線・東京メトロ南北線「麻布十番駅」より徒歩3分とアクセスも良好で、内装は全てテーブル席なので、ゆっくりと寛ぐことができます。

<馬肉へのこだわり>

■馬肉のアンチエイジング効果

馬肉は栄養価が高い食材として有名で、フランスでは医者が病人にすすめるほどの健康食です。アンチエイジング(老朽化防止)にも非常に効果が高く、健康を維持したダイエットにも最適でモデルやアスリートも好んで食べると言われています。

馬肉は豚肉の2分の1・牛肉の3分の1という低カロリーです。さらに糖質は豚肉の10分の1・牛肉の6分の1であり、他のお肉と比較して圧倒的にダイエットに向いた食材です。馬肉の脂質は、不飽和脂肪酸が含まれている体脂肪になりにくい脂質です。また、たんぱく質も豚肉や牛肉より多く栄養が豊富な食材です。しかし、加熱すると性質が変わってしまう成分もあるため、「ゆう馬」では、まず馬刺しの注文をおすすめしています。

<馬刺し>

馬刺しについて

・馬刺し5種盛り 1,980円
食べたら分かる熊本直送だから実現できる鮮度、さっぱりとした赤身からコラーゲンたっぷりのタテガミまで、部位ごとのうま味を実感できます。

・馬刺し3種盛り 1,280円
5種盛りは少し多いという方向けの3種の盛りあわせです。

「うまい肉」更新情報が受け取れます