10年の時を経て実現! 映画『LOOPER/ルーパー』の誕生秘話とは?

2012.11.9 18:3配信
『LOOPER/ルーパー』(C) 2012 LOOPER DISTRIBUTION. LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスが共演するSF大作『LOOPER/ルーパー』が来年1月に日本公開される。アメリカをはじめ、すでに多くの国で高評価を集めている本作だが、その誕生の裏側にはライアン・ジョンソン監督とレヴィットの10年に渡る堅い絆があったようだ。

その他の画像

本作は、未来からタイムループしてきた標的を抹殺する暗殺者“ルーパー”のジョー(レヴィット)が、ターゲットとして“30年後”の自分(ウィリス)に出会ったことから始まるSFアクション。強烈な個性をもつ主演ふたりの激突や、物語の背後に潜む数々の謎が物語の進行と共に明かされていく巧みな語り口が高い評価を集めている。

そもそも本作の構想が生まれたのは2003年。ジョンソンがレヴィットと初タッグを組んだ長編デビュー作『BRICK〈ブリック〉』の撮影中だったという。レヴィットは「彼から構想を聞いたのは撮影の直後。普通、俳優というのは、撮影開始の数か月前に脚本をもらうものだから、発展の過程にずっと関われるのはまれなんだ。これは特別なことだと思うし、パーソナルに感じるよ」と振り返る。しかし、完成した『BRICK』はなかなか公開されず、劇場公開を迎えたのは2006年。肝心の構想もなかなか実現しなかった。それでもジョンソン監督は「ジョーの役は、最初からジョセフ・ゴードン=レヴィットをイメージして書いた。この企画はジョセフなくしては成り立たない、と思ったんだ」という。

その後、レヴィットは俳優として着実にキャリアを積み、『(500)日のサマー』や『インセプション』で人気を集め、一躍スター俳優に。一方のジョンソン監督も、エイドリアン・ブロディを主演に迎えた映画『ブラザーズ・ブルーム』や、アメリカで大人気のドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』の演出を手がけ、高い評価を集めた。そして、ふたりは約10年の時を経て『LOOPER/ルーパー』に着手。レヴィットはキャリアの中で初めて出演だけでなく製作総指揮も務めている。

実際に執筆された脚本でさえ、宝くじほどの確率でしか映画化されないハリウッドで、駆け出しだった俳優と監督の“約束”が10年の時を経て実現した映画『LOOPER/ルーパー』。ちなみにジョンソン監督は「キャスティングで一番に考えたのはブルース・ウィリスだった。問題は、ジョセフとブルースが全然似ていないことだったが(笑)、ジョセフの演技のおかげで説得力をもつものになった」と笑顔でコメント。約10年もの間、お互いを信じて待ち続けた監督&主演がどんな作品を見せてくれるのか期待したいところだ。

『LOOPER/ルーパー』
2013年1月12日(土)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング