イーストウッド、『人生の特等席』新人監督に太鼓判

2012.11.12 17:1配信
『人生の特等席』撮影現場のクリント・イーストウッドとロバート・ロレンツ監督(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

クリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』から4年ぶりに俳優として出演する映画『人生の特等席』が11月23日(金)から日本公開される前に、イーストウッドが本作を手がけたロバート・ロレンツ監督について語った特別映像が公開された。

『人生の特等席』特別映像

本作は、大リーグの伝説的なスカウトとして野球にその生涯を捧げてきた男、ガス(イーストウッド)と、年齢を重ね、視力が衰えながらも決してそのことを打ち明けようとしない父のために、彼のスカウト道中に付き合うことを決めた娘ミッキー(エイミー・アダムス)を主人公に、素直になれないままでいる親子が旅を通じて絆を回復していく過程と、父が娘と疎遠になってしまった本当の理由を描いた作品。

ロレンツにとって本作は監督初登板戦で、これまではプロデューサーとしてイーストウッドの監督作を支えてきた。そもそもふたりが出会ったのは1995年のこと。イーストウッドが監督と主演を務めた『マディソン群の橋』で助監督を務めたロレンツは、2003年に『ミスティック・リバー』でプロデューサーになり、その後もイーストウッドの映画作りを支えながら、監督デビューを目指して研鑚を積んできた。そんな彼のデビュー戦を支えるために、イーストウッドは約20年ぶりに“俳優のみ”で出演しており「脚本が気に入った。彼の監督デビューにぴったりだ」と太鼓判を押す。

かつてイーストウッドは、俳優としてカメラの前に立ちながらドン・シーゲルやセルジオ・レオーネら偉大な映画作家の演出術を学び、映画監督になる準備を積んだ。そしてロレンツ監督は、カメラの後方からイーストウッドの演出術を学び、『人生の特等席』で映画監督になった。ちなみにイーストウッドは特別映像の中で「ロバートはよくやった。才能ある監督だ」と評価している。

『人生の特等席』
11月23日(金) 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング