レコチョク、PC向けダウンロード販売を開始、マルチデバイス対応や高音質化などサービスを大幅に拡充

2012.11.13 18:48配信
画面イメージ

レコチョクは、音楽配信サービス「レコチョク」でPC向けダウンロード販売を開始したほか、マルチデバイスに対応するなど、サービスを大幅に拡充した。

「レコチョク」で初めてのPC(Windows/Mac対応)向けダウンロード販売。スマートフォン同様、最新J-POPを中心に、洋楽やK-POPなどをラインアップし、シングルは150~250円、アルバムは1500~2500円で提供する。対応OSは、Windows 7/Vista/XP以上、ブラウザはInternet Explorer 8以上(IE10ストアアプリバージョンは非対応)、Firefox 13以上、Google Chrome 20以上。Macは、MacOS 10.6(Snow Leopard)以上、ブラウザはSafari 5以上、Google Chrome 20以上。

また、従来型携帯電話からスマートフォンへ機種変更した際に、追加料金不要で楽曲を再ダウンロードできる「おあずかりサービス」の機能を拡充。AndroidやiPhoneなどのスマートフォンや、PC、タブレット端末、ニンテンドー3DSなど、最大10台の登録した機器に、いつでも好きなときにダウンロードすることができる。

音質をAAC形式320Kbpsに向上することで、圧縮音源のなかでも最高クラスでの楽曲ファイルを提供。ユーザーは、利用する機器やネットワーク環境に応じて、128Kbpsか320Kbpsのいずれかの商品(楽曲ファイル)を選択してダウンロードできる。また、non DRM(デジタル著作権管理の解除)形式で配信し、購入した楽曲ファイルを簡単に音楽プレイヤーに転送して持ち出すことができる。

レコチョクは、サービスの拡充を記念して、12月2日まで「レコチョクPOWER UPキャンペーン」を実施。期間中、PCまたはスマートフォン向けのキャンペーン内でログインしたユーザーを対象に、抽選で320名に総額250万円分の豪華賞品をプレゼントする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング