防水&防汗仕様の完全ワイヤレスイヤホン「Jaybird RUN」

ロジクールは9月15日、スポーツイヤホンブランド「Jaybird」から完全ワイヤレスイヤホン「Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES(JBD-RUN-001)」を9月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、税別の実勢価格は2万5880円前後の見込み。

「WE LOVE TO RUN,WE LOVE MUSIC,WE HATE WIRES」――アジア・パシフィックエリアで「Jaybird」のブランディング・プロダクトマーケティングを統括するナーチン・ロフラー シニア・リージョナルカテゴリー・マネージャーは新製品開発の理由を「音楽とスポーツのつながりは素晴らしいものだが、一方でワイヤーという苦痛がある。音楽とスポーツの間には何もいらない、という思いはわれわれだけでなく、多くのアスリートが感じている」と述べた。

「Jaybird」が目指したのは、単なる完全ワイヤレスイヤホンではない。日本の事業責任者である黄佑仁クラスターカスタマーマネージャーは「スポーツブランドであることが『Jaybird』の本質。ランナーの声に耳を傾け、“着ける”のではなく“着る”という感覚に近いフィット感を実現した」とこだわりを語った。

まず、まさにランナー向けという特徴が、長時間のランニングにも耐える防水&防汗性能だ。二重の疎水性名ナノコーティングで汗に含まれる酸からも本体を保護する。防水性能の基準となる“IPX”は取得していないという。「IPXは純度の高い水を用いて測定する。汗から保護することを重視する『Jaybird RUN』は独自のテストを実施している」(黄クラスターカスタマーマネージャー)。

長時間のランニングでも電池切れしないよう、バッテリは完全ワイヤレスながらイヤホン本体で4時間、充電ケースでさらに8時間、合計12時間を実現。5分の充電で1時間の急速チャージをすることができるので、ランニング前にバッテリ不足に気がついても安心だ。

また、それぞれのユーザーにベストな装着感を提供するために豊富なイヤーフィンとイヤーチップを用意。イヤーフィンは4種類、イヤーチップは丸型/楕円型の大小で計4種類が付属。人の耳は左右で異なる場合もあるが、完全にフィットする組み合わせを見つけることができる。

装着感だけでなく「音」も個人にフィットさせる。スマートフォン専用のJaybirdアプリで低音域から高音域まで自由にカスタマイズすることができ、サウンドプロファイルは本体に保存することが可能。プロファイルは他のユーザーと共有することもできる。

充電ケースは手のひらサイズで前方のボタンを押すと蓋が開く。本体のインターフェースは「Jaybird」のエンブレムが刻まれた表面部のボタン。左右で機能が分かれており、左側は1秒で音声アシスタント「Siri」もしくは「Google Assistant」の起動、右側は1秒で再生/一時停止/受話/終話、2秒で曲のスキップ/着信拒否、3秒で電源オン/オフ、6秒でペアリング接続となる。

カラーはブラックとホワイトの2色。本体サイズは幅14.3×奥行19.0×高さ19.5mm。本体重量は6.8g。

9月25日には、超小型のカナル型ワイヤレスイヤホン「Jaybird FREEDOM 2 WIRELESS SPORT HEADPHONES(JBD-FDM-002)」も発売する。連続再生時間は最大8時間、カラーはゴールドとブラックの2色。税別の実勢価格は1万9880円前後の見込み。(BCN・大蔵 大輔)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます