ファーウェイ×non-no「翼と本と珈琲と」写真展

ファーウェイ・ジャパンは9月21日から10月1日まで、「ファーウェイ×non-no『翼と本と珈琲と』写真展」を、渋谷MODI 1Fイベントスペースで開催する。初日の9月21日には、本田翼さんを迎え、メディア向けのPRイベントを実施。見所や撮影秘話などを語った。

今回の写真展は、ファーウェイとnon-noのコラボレーションによるもの。9月21日発売の『non-no』11月号には、アウトカメラ/インカメラあわせて3枚のLeicaレンズを搭載したSIMフリースマートフォン「HUAWEI P10 Plus」を使って撮影した、写真家・土屋文護氏による本田翼さんのフォトストーリーが掲載される。

写真展では、『non-no』11月号の掲載写真に加え、未掲載カットを展示。イベントスペースには、『non-no』のカバーガール気分を味わえる表紙風フォトパネルを設置。さらにスペシャルコンテンツとして、土日は『non-no』で連載占いページを担当している占い師のアイラ・アリス先生による無料占いコーナーを展開する。

「HUAWEI P10 Plus/P10/P10 lite」をはじめ、タブレット端末「HUAWEI MediaPad M3 lite 8」、PCとして初めてドルビーアトモスサウンドシステムを搭載した「HUAWEI MateBook X」など、ファーウェイの新製品を気軽に試せるスペースも用意する。

撮影場所は東京・神田神保町界隈と有名な喫茶店「さぼうる」。店内では「いちごオーレ」をテーブルの真上から本人が撮影した。「HUAWEI P10 Plus」のカメラについて本田翼さんは、「店内の暗いシーンでもしっかりと撮れた。ボタンを押すだけで、スマホが勝手に調整して、きれいに撮ってくれた」とコメント。暗いシーンでも簡単に、クリアな描写に驚いていた様子だった。

路地裏の屋外での撮影では、大きな電球が気になり撮影。「カメラの起動が速やく、すぐに取り出して撮っても手前にピンとが合って、奥はちゃんとボケてる。電球の文字もくっきり撮れている」と、撮影時の感想を語った。セルフィーについては「自分大好き人間みたい」と照れつつも、「カメラが上手に撮ってくれた」と、壁の立体感や口紅の色があざやかに表現されている点を評価していた。

なお、写真展に来場し、その様子をSNSにアップすると、『non-no』掲載カットに写真展でしか見られないカットを追加した「HUAWEI P10 Plus」のミニブックをもれなくプレゼント。さらに、抽選で10名に本田翼さんのサイン入りミニブックをプレゼントする。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
関連記事