ASUS、デュアルスクリーン搭載ウルトラブック「ASUS TAICHI」

2012.11.14 19:00配信
ASUS TAICHI

ASUSTeK Computer(ASUS)は、2012年冬モデルとして、ノートPCとしてもタブレット端末としても使える世界初のデュアルスクリーン搭載ウルトラブック「ASUS TAICHI(TAICHI21)」を、12月8日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は13万9800円前後の見込み。

「ASUS TAICHI」は、最薄部3mmのスリムボディに、11.6型ワイドの二つのフルHD液晶ディスプレイを搭載し、指1本でノートPCにもタブレット端末になる世界初のウルトラブック。ウルトラブックの高い性能と、手軽に使えるタブレット端末を融合した。

オリジナルのホーム画面「TAICHI HOME」のインターフェースから、内側ディスプレイだけを使用してキーボード入力できる「ノートパソコンモード」と、天板を閉じると自動的に切り替わり、256段階の筆圧を検知する専用EMRペンや指でタッチ操作ができる「タブレットモード」、二つのディスプレイに同じ画面を表示する「ミラーモード」、二つのディスプレイに異なる画面を表示する「デュアルスクリーンモード」の4種類の表示方法をボタン一つで切り替えられる。

液晶ディスプレイは、視野角が広く、1920×1080ドット(フルHD)の11.6型ワイドカラーIPS液晶。タブレット面は光沢のあるグレアタイプで、10点マルチタッチに対応する。このほか、第3世代インテル Core i7-3517U プロセッサ、256GBのSSD、4GBのメモリ、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載。フルHDムービーを撮影できる500万画素のウェブカメラ(タブレット面)、クリアなアレイマイク(ノートPC面)、ステレオスピーカー、デンマークの高級オーディオブランドであるバング & オルフセンと共同開発した独自のオーディオテクノロジー「ASUS SonicMaster」、イルミネートキーボード、メモリカードリーダー、USB3.0ポート、microHDMI出力端子なども搭載する。OSはWindows 8 64ビット。

バッテリ駆動時間は約5.2時間。サイズは幅306.6×奥行き199.3×高さ3.0~17.4mm、重さは約1.3kg。カラーはシルバー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング