20代開発者が作った「Amebaスマホ」"ありそでなかった"12の新サービス説明会

2012.11.15 21:25

放送作家の鈴木おさむ氏が手がけた新CMを発表した『Amebaスマホ』。その発表会レポと合わせて、『Amebaスマホ』の個性的なスマホサービスをご紹介します。

株式会社サイバーエージェントの「Ameba」が、スマートフォン向けに提供するコミュニティ&ゲームSNS『Amebaスマホ』。本日11月15日、その新テレビCMの発表会が行われました。
 

『Amebaスマホ』とは、23個のコミュニティサービスと、60タイトルのソーシャルゲームを提供しているスマートフォン向けのサービス(2012年11月1日現在)。ブラウザ向けのサービス提供のため、アプリをダウンロードする必要なく、Amebaをはじめ、Facebook、Twirtter、mixiなどのアカウントで楽しむことができます。
 

今回の新CMは、『Amebaスマホ』の中から12のサービスをピックアップし、サービスの開発を担当したサイバーエージェントの社員の方々にインタビューするというもの。インタビュアーはCMの企画・制作を担当した、放送作家の鈴木おさむ氏です。開発者のみなさんは、ほとんどが20代後半~30歳前という若い世代。ウレぴあでプッシュ中の「プレッシャー世代( [http://ure.pia.co.jp/list/genre/custom?c=pressure_generation] ) とも重なりますね。

「“ありそうでなかったもの”がヒット商品のポイント。そんなサービスが詰まっているんです」と鈴木氏が語るように、ふだんの生活がもっと楽しくなるコンテンツが多く揃っている『Amebaスマホ』。その中からいくつかをご紹介します。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング