こんにちは。ライターや占い師のほか、恋活・婚活アドバイザーもしています、沙木貴咲です。

男性と女性では、考え方も価値観も全然違いますが、恋愛に対しても異なる見解を持っています。

「モテたい」と思ったときに、何をどうするか……? 女性が狙うモテファッション、髪型、メイクは、実は男性の心にあまり刺さっていないことが多いのです。

『完全男子目線』で見た時に、女性目線のモテがどう映るのか、男性が本当に「いいな」と感じるモテ女性のタイプはどんなものなのか、詳しく見ていきましょう。

女性と男性の『目線価値観』の違い

たくさんの異性と顔を合わせるような場……たとえば、合コンや街コン、パーティーなどに足を運ぶとき、女性は男性を意識したオシャレをします。何とも思っていない男性同僚ばかりの職場に行くのと、同じ格好をしては行かないでしょう。

自分がより魅力的に、男性たちから注目されるような外見を作ろうとするはずです。

ただ、問題なのは、自分を良く見せようとしたときに、ほとんどの女性が「なりたい女性像」「理想・憧れの人」を意識したオシャレをする点。

これらは実は、男性がすすんで恋愛対象にしたいと思えるタイプではない可能性が高いのです。

良くまとまってはいるけれど、別にドキッとはしない。

なんか、ファッション雑誌で見たことあるような格好。だから、何?

普通に外見を気遣っている女性とは認識しても、彼女候補にはしないようです。では、なぜ女性目線のモテ価値観が、男性とはズレているのかを、もっと詳しく見ていきましょう。

女性目線の魅力的な人とは、『カッコいい』

「女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング(オリコン・モニターリサーチ)」や「女目線で“なりたいカラダ”の女性芸能人ランキング(マイナビウーマン)」「女性に好かれる女性有名人・好感度NO.1(週刊女性PRIME)」を見ると、男性にも人気の女優・モデルが上位にランキングされる一方で、色んな意味で個性的な沢尻エリカさん、キリッとした強さが魅力の米倉涼子さん、天海祐希さん、クールでありながら親近感もある杏さん、といった方々がランキングしています。

これは、世の女性たちが『カッコいい女性』を支持している証拠です。

クールビューティー。オトコに媚びない凛とした美しさ。

こうした魅力は、女性にとって憧れの一つです。特にアラサー、あるいはそれ以上の年齢の女性には、年相応の美しさをアピールするために必要な要素だといえます。

ただ男性からすれば、クールさ・強さというのは、彼女にしたい女性の必須の魅力ではありません。だって、クールさ・強さは男性の魅力の代名詞ですから。

恋愛をする上で、自分と同類を求めることは稀でしょう。

そのため、いわゆるカワイイ系路線ではない女性は、気合を入れてオシャレをすると、とたんに男性ウケが悪くなってしまうのです。

男性目線の彼女にしたい女性は『かわいい』

女性の魅力を大きく二つに分けると「かわいい」と「美しい」になりますが、男性は圧倒的に「かわいい」を支持します。

やっぱり、守ってあげたくなる要素を持った女性に、男性は惹かれやすく、恋愛においては自分が優位に立ちたいと考えるものなのです。

そのため、バリバリのキャリアウーマンを思わせるようなタイプは、どんなに美人でも第一印象で恋愛対象からは外れてしまいます。

顔立ちやスタイルは十人並みであれ、ふんわりした柔らかな雰囲気のある女性のほうが、恋愛においては断然有利で、彼女候補に選ばれる確率は高いでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます