3合炊きの「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器 KRC-ID30-R」

アイリスオーヤマは、業界初となる、よそったごはんのカロリーの目安が表示される3合炊きIHジャー炊飯器「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器 KRC-ID30-R」を10月14日に発売する。税別の実勢価格3万2800円。

2016年9月に発売して話題になった、上部の本体と下部のIH調理器が分離する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」の後継機種。米の銘柄に応じて、パネルに表示される最適な水の量を知らせてくれる「銘柄量り炊き」は、「なすひかり」や「青天の霹靂」など新たに9銘柄を加えて40銘柄に対応した。

カロリーの計量方法は簡単で、本体正面にあるカロリーボタンを押してからごはんをよそうと、重量センサをもとに計量したカロリーが表示される。

主菜や副菜はレシピ本やパッケージなどにカロリーが表示されるケースは増えているが、よそう量によって千差万別となるごはんのカロリー表示は盲点だったといえる。「開発者が医師から食事制限の指導を受けたことがきっかけで生まれた機能」(同社)というように、食事のカロリーを気にしなければいけないユーザーは少なくなく、新たなニーズを掘り起こしそうだ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます