シャープは9月26日、食材宅配事業に新規参入すると発表。料理キット宅配サービス「ヘルシオデリ」を10月19日に開始する。

「ヘルシオデリ」はウォーターオーブン「ヘルシオ」や無水自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」向けに開発した有名レストランメニューの半完成品を自宅に宅配する。ユーザーは到着した下ごしらえ済みの食材を「ヘルシオ」に入れてボタンを押すだけで、手軽に外食と同じクオリティの料理を味わうことができる。価格は1メニュー(2~3人前)あたり、税別3800円から。送料は北海道、四国、九州地域は税別300円、他の地域は無料。

「ヘルシオデリ」は食品やレシピが必要なので、シャープ単体では成り立たない。レシピ開発を飲食店情報サイトを運営する「ぐるなび」が、食材調達・加工を食材宅配の老舗企業「タイヘイ」が担当する。

シャープの長谷川祥典 専務執行役員 スマートホームグループ長 兼 IoT通信事業本部長は「女性の社会進出や核家族化で家食のニーズは高まっており、なかでも惣菜や弁当などの中食は成長率が高い」と市場環境を説明。開始時は日本料理・フランス料理・中華料理・韓国料理・ベジタリアン・カレーなどのメニューを展開。今後ユーザーのフィードバックなどをもとにレシピを追加し、さまざまな地域の食文化を自宅で体験できるサービスを目指す。(BCNメディア編成部)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます