楽天がMVNO事業「フリーテル」を継承する

「楽天モバイル」を展開する楽天は9月26日、プラスワン・マーケティングが保有するMVNO事業「FREETEL(フリーテル)」を承継すると発表した。

プラスワン・マーケティングは「フリーテル」として、モバイル端末事業とMVNO事業と両方を手がけていたが、11月1日付で会社分割を行い、国内MVNO事業を分離。MVNO事業は楽天が承継し、サービス内容や料金は変更せず、引き続き、「FREETEL SIM」をはじめとする通信サービスを提供する。

なお、11月1日以降、利用料金は楽天から請求する。「freetel mobile(フリモバ)」ブランドの通信事業やプリペイドSIMに関する事業、海外向け事業、通信事業に付帯する一部のサービスは継承対象外。

今回の会社分割によって、プラスワン・マーケティングは、モバイル端末事業への投資に注力できるため、よりコスト競争力の高い端末を開発できると見込む。また、両社は組織再編以降、事業シナジーを検討するため、協業に向けた取り組みを進める。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます