9月25日に発売した「BOOST」4種

ネスレ日本とネスレ ヘルスサイエンス カンパニーは、健康に関して気になる点をサポートするワンショットサプリメント飲料「BOOST」4種を9月25日に発売した。

「BOOST」は、ネスレグローバルの科学的根拠に基づいて開発したドリンクタイプのサプリメント。一度に飲みきれる63mlで、4種類のうち、食物繊維「グアーガム分解物」で便通を改善する「毎日腸活(オレンジ味)」は機能性表示食品、DHAやビタミンを配合した「毎日ひらめき(ヨーグルト味)」、グルコサミンなどを配合した「毎日テキパキ(うめ味)」、ビタミン、ミネラル、コエンザイムQ10で若々しさをサポートする「毎日アクティブ(ガラナ味)」は栄養補助食品となる。

ネスレグループのネスレ ヘルスサイエンスは、総合的な健康を栄養の力でサポートする“栄養療法”を提案しており、今回、ミドルエイジ以降の世代を主なターゲットに、一般向け栄養補助食品市場に本格参入する。不足しがちな栄養素を補う目的ではなく、バランスよく多様な栄養を手軽に摂取することで、自分のやりたいことができる「アクティブ寿命」の伸長を目指す。

1995年に米国で医療機関向け栄養補助食品として生まれた「BOOST」は、主力マーケットの北米、メキシコのほか、中国や韓国、フィリピンなど、アジア地域に販売エリアを拡大している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます