橋本晃佑(栃木ブレックス) 橋本晃佑(栃木ブレックス)

いよいよ9月29日(金)、『B.LEAGUE 2017-18』が開幕を迎える。この週末に全国各地で『B1リーグ戦』『B2リーグ戦』の全18カードがティップオフの時を待つ。そんな中、俄然高い注目度を集めているのが、栃木ブレックス×シーホース三河である。2年目のシーズンは『B.LEAGUE CHAMPIONSHIP SEMIFINALS 2016-17』の再現で戦いの火蓋を切って落とすのだ。

【チケット情報はこちら】

9月11日に行われた『Bリーグ 2017-18シーズン ティップオフ カンファレンス』で、両軍のキーマンは次のように意気込みを語った。

「昨シーズン優勝という最高の形で終わることが出来て今季は追われる場になるが、チャレンジャー精神を発揮したい。2連覇にチャレンジできるのはブレックスだけなので、チャレンジしていきたい」(栃木・橋本晃佑)

「去年悔しい負け方をしたチームにその土地で、開幕戦で早速リベンジする機会を得た。2連勝しないと今季が始まらないと思っている。今年の三河はスタイルを変えて、速いバスケをしていきたい」(三河・比江島慎)

橋本が「三河は比江島選手、金丸(晃輔)選手、松井(啓十郎)選手らシューター陣が揃っているので、まずはそこをしっかり抑えて、自分たちのバスケができるようにやっていきたい」とゲームのポイントを明かせば、比江島も「すべての攻撃が田臥(勇太)さんから始まるので、そこにしっかりプレッシャーをかけることで少しでもオフェンスを狂わせたい。ディフェンスの要の遠藤(祐亮)さんに対しては、ファウルトラブルでベンチに行かせるように僕も積極的に攻めていきたい」とゲームプランを語った。

初代王者と言えど、栃木は安閑とはしていられない。『CS』MVPの古川孝敏が琉球ゴールデンキングスへ旅立ち、セカンドユニットの須田侑太郎、熊谷尚也も移籍、PG渡邉裕規は引退した。さらに名将トーマス・ウィスマンHCも退任したのだ。しかも、栃木はアルバルク東京、千葉ジェッツ、川崎ブレイブサンダース、サンロッカーズ渋谷という『CS』進出チームがひしめく東地区を戦う。ディフェンディングチャンピオンでも、『CS』進出は高いハードルとなる星の潰し合いが予想される。

一方の三河は中地区の本命と目される。村上直、西川貴之、松井とガード、フォワードを手厚く補強。比江島&金丸の両エースのプレータイムを抑えることによって、体力面の負担の大きい高速バスケを実現する。

『B1リーグ戦 2017-18』開幕戦・栃木×三河は9月29日(金)・30日(土)・ブレックスアリーナ宇都宮にて開催。栃木がホームの大歓声を力に三河を返り討ちにするのか、三河が雪辱を果たすのか。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます