仕事を頑張っても、家で家事などをこなしても、婚活をがんばっても、きちんと評価されない。逆に、どんどん自分の時間をとられていっている。そう感じている女性は多いのではないでしょうか。

そんな状況を打破する方法の1つが、“タイムマネジメント”です。

時間を上手にコントロールすることで、仕事の評価が上がるだけでなく、自分のペースを把握できるため、プライベートもどんどん良い方向へと転がっていくのだとか。

そこで今回は、子育てと仕事とプライベートをバランスよくこなしながらも、仕事ではクライアントから常に高い評価を得ているWEBライターの吉見夏実さんに、“仕事だけでなく恋も上手くいくようになる”タイムマネジメント法について聞いてきました。

自分のペースで「即レス」

「メール・メッセージは即レスを基本にしています」と、吉見さん。よく聞く話ではあるものの、実践できている人は少ないのではないでしょうか。

吉見さんによれば「だからといって、四六時中パソコンにかじりついていろ!ということではありません。“届いたらすぐ返信する”のではなく、“自分がそのメールを見たらすぐ返信する”という意味です」。

多くの人はすぐに返信することだと解釈してしまうため、メールやメッセージを受信するたびに自身のペースを乱されてしまうのです。これは、恋愛でも言えること。

相手ではなく、あなた自身のタイミングで返すようにすることで、自分のペースを作り巻き込んでいきやすくなるのではないでしょうか。

タスクに放り込む癖をつけて

ですが、即レスするには難しい内容だったり、うっかり開封してしまったりすることもありますよね? 「考える必要がある内容に関しては“考えて、○日時ごろに返信します”という旨を即レスすればいいですし、うっかり開封してしまった場合などは必ず“タスク化”しておきましょう」と、吉見さん。

“未読に戻す”機能を使ったり、自身のタスクリストに放り込むようにしておきましょう。

放置したり、「即レスしなくちゃ!」と焦って返信することで、いい結果は生まれにくいもの。落ち着いて、あなたのタイミングで返せる時に返信するようにしていきましょう。

「ユーザー辞書」によく使うものを登録

例えば「ありがとう♪」や「よろしくお願いいたします」など、気づかないうちによく使っている言葉があるはず。それだけでなく、なんだかんだ毎日チェックしているURLなどもあるのではないでしょうか。

吉見さんはそういったものを“ユーザー辞書”に登録しているのだとか。

「私は仕事柄、文章を打つ機会がかなり多いですが、よく使う言葉やよく添付するURLなどだけでなく、住所やメールアドレスなどもユーザー辞書に登録しています。登録作業自体は面倒ですが、一度登録してしまえばその後は文章を打つのがかなり楽になります」とのこと。

シーン別の使えるお店やデート前にメイクを直すのに立ち寄れるスポットなども登録しておけば、わざわざ調べる手間が省けて、焦って失敗することも減るのではないでしょうか。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます