『ベルセルク』の平沢進氏が急遽舞台あいさつ登壇決定

2012.11.26 17:42配信
『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』平沢進氏 ニコ生イベントで拍手に埋まる(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』の主題曲を担当する平沢進氏が、22日(木)深夜、ニコニコ生放送に登場。歌詞が公開されていない主題曲『Aria』に、耳コピーで創作した歌詞を付けた動画の中から、“ネットスタンダード”を決めるイベントが行われ、番組来場者数63,898、総コメント数117,162を記録、Twitterのトレンドに上がるほど盛り上がりを見せた。

その他の写真

本作は、20年以上連載されている三浦建太郎氏原作のコミック『ベルセルク』シリーズを映画化したもの。同作の中でも人気の高い“黄金時代”3部作の完結編となり、R15+指定を受けたバイオレンスとエロスの過激な描写や、全編112分のうち37分にも及ぶクライマックス“蝕”のシーンが注目を集めている。

本イベントは、平沢氏の曲が本人にしかわからない、“ヒラサワ語”と呼ばれる独特の歌詞であるため、プレステ2ゲーム『ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章』の『sign』という曲を、ファンが自分で思うように耳コピーして動画投稿していたのがきっかけとなったもの。第2回目となる今回は、国内外からの投稿135本の動画の中から、厳選された12本を平沢氏が視聴。真剣に耳コピー歌詞を付けたものから、猫を抱いた平沢氏をイラスト化したものなど、ツンデレキャラで知られる平沢氏への愛が感じられる作品も多く、「いい加減にしなさいよ」、「こんなくだらないことに貴重な時間を」、「みんなで私の作品をネタにして楽しんでいただければそれでいいです」とツンデレ発言を連発しながらも、視聴者からの支持も高かった2作品を“ネットスタンダード”作品に認定した。

生放送中、本作の公開時にキャストらによる舞台あいさつが予定されていることが発表されると、平沢氏は「私も舞台あいさつに押しかけてみようかな」と発言。急遽平沢氏の舞台あいさつ登壇が決定するハプニングもあり、盛況のうちに終わった。

なお、今回の盛り上がりを受け、“ネットスタンダード”に認定された2作品をもとに、本作の映画製作委員会が特別PVを作成し、映画の公式サイトや一部の劇場において、期間限定で公開される予定とのことだ。

映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』(R15+)
2013年2月1日(金)より全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング