名優たちがラブコールをおくる理由とは? ウディ・アレン新作映像公開

2012.11.27 16:44配信
『恋のロンドン狂騒曲』

ウディ・アレン監督の最新作『恋のロンドン狂騒曲』が12月1日(土)から公開される。毎作、人気俳優がズラリと顔を揃えるアレン映画だが、なぜ、彼のもとにはこうも多くの有名俳優たちが集まるのだろうか? その秘密の一端が垣間見える本作の特別映像が公開された。

特別映像

本作は、ロンドンを舞台に、2組の結婚生活の破綻が4つの新たな恋の物語へと発展していく過程をシニカルに描いたラブ・コメディ。死の恐怖にとりつかれ、若さに執念を燃やす老年の男と、彼に去られて自分を見失う妻、その夫婦の娘と夫のドラマが展開する。

アレン作品はそのほとんどが低予算で、スターであっても全米映画俳優組合が定める最低の出演料しか支払われないが、アレンの下で演技したいという俳優は多い。このほど公開された特別映像は、本作のリハーサル風景から始まるが、ナオミ・ワッツは「自由にやらせてくれる一方で、細かい指示もある。いろいろ提案してくれるの。でもこう言う。“しっくりこないなら無理しなくてもいい”。だから自然に演じられる」と言い、ジョシュ・ブローリンは「人生で最も苦しい(撮影中の)10日だった。ウディを喜ばせたいと強く思うからだ」と語る。ちなみに映像で、妻役のワッツと言い争うブローリンの口調は、カットがかかった後に喋り出すアレンとそっくり! 数々の賞に輝き、高額出演料を得るようになった俳優もいつかはアレンの演出を受け、アレンのように自由で自然に演技をしたい、と思っているのかもしれない。

また、大監督でありながら、皮肉屋で、市井の感覚を忘れない部分も、多くのスター俳優から支持されているようだ。特別映像の後半では本作がカンヌ映画祭で上映される模様が登場するが、アレンは「普通はありえないよ。タキシード姿でレッドカーペットを歩き、大勢に名前を叫ばれ、カメラのフラッシュを浴びる。リアリティがないね」と言い放つ。彼の宣伝嫌い、式典嫌いは有名で、『アニー・ホール』が米アカデミー賞を受賞した際にも、授賞式には出席せず、地元でクラリネットの練習をしていたという。誰もが憧れる映画人でありながら、虚栄心のかけらもなく、文句とグチばかりを言いながら驚異的なペースで新作を発表するウディ・アレン。最新作『恋のロンドン狂騒曲』でも彼の演出の下で名優たちの活き活きとした演技が観られそうだ。

『恋のロンドン狂騒曲』


(C)2010 Mediapro. Versatil Cinema & Gravier Production. Inc

いま人気の動画

     

人気記事ランキング